1日中お掃除。。

気付けばいつも部屋が汚い

部屋を汚しているつもりもないのに、なぜかいつも気付いたら部屋が散らかっています。
休みの日にはいつも一日中かけて掃除をして、また毎日の生活で汚して、というループが続いているのです。

自分でも休みのたびに床が見えない状況になっていることにうんざりしています。
もう同じことを繰り返さないためにも、ここで一念発起して綺麗な部屋とそれが維持できる状態を目指すために一日中掃除をしたいと思います。

まずは部屋が汚くなる原因を考える

なぜ部屋が汚くなるのでしょうか。
多くの場合、部屋の中でものの居場所が決まっていないことや収納以上のものが部屋にあふれているということが考えられます。

物に居場所がないということは、片付ける場所が決まっていないということであり、そのためにとりあえずどこかに一時的にものを置いてしまい、それが溜まりに溜まって部屋が汚れていくのです。
そしてこの傾向に当てはまりやすいのが部屋にものが多すぎることが原因です。
部屋に物が多すぎると、物の居場所を決めにくく、これが部屋が汚れる悪循環を作り出します。

いらないものを処分する

少しでも早く片付けるために、とにかくものを仕分けましょう。
いらないものを捨てようとしても、人によってはなかなか捨てる勇気が持てない人もいます。
そのような人は、ダンボールを用意して仕分けをすると進めやすいです。

まずはダンボールを3つ用意して、捨てる、考える、残すの3つに仕分けていきます。
物が少なくなってくると、考えると残すに選んだものも必要か不要か、捨てるべきかということが見えてきやすくなり、ゴミを出す作業が進めやすくなり効率的です。

この作業をするだけでも、かなりのものが減らせます。
そして、すでに部屋の床は片付きますし同じように床にものが溜まる状況は打破できます。

物の居場所を決める

一通りのものが片付いたら、次にものをどこにしまうのかという居場所を決めていきます。
この居場所がきちんと決まれば、出したものを片付ける習慣がつくので部屋が汚くなることはありません。

ものを片付けながら居場所を決めていると、途中でものがしまいきれないことが出てきます。
そのような時には100円ショップのアイテムを中心とした収納グッズを利用してうまく収納したりさらにいらないものを処分したりということをして全てのものにきちんと居場所を決めていきます。

この作業もかなり手間がかかるため、ほとんどの場合一日かけて行うことになります。
人によっては物が多いと一日では済まないこともあります。
そこで、もしも一日では済まなそうと思ったら場所を分けたり作業を途中で切り上げたりして数日に分けて行うようにしましょう。