台所の排水溝周りをキレイに保つ!

排水溝の掃除を怠るリスク

夏場になると気になるのが排水口のニオイですね。
外出時に部屋を閉め切って出かけたあとなど、玄関の扉を開いた瞬間になんとも言えない不快なニオイがぷーんと臭ってくるというようなこともあります。
台所の水場は何かと汚れがつきやすいところですが、シンクやレンジなど目につくところは比較的丁寧に掃除をしている人も、案外排水口までは掃除をしていないということもあるでしょう。

排水口の汚れの原因としては、調理やお皿洗いで発生する排水についた食べかすや洗剤のカス、排油といったものです。
こうしたものはシンクから流しても排水口の壁面にこびりつきますので、それが蓄積されていくことにより嫌なニオイの原因になります。
特に夏場は気温と湿度が高くなって雑菌の繁殖がしやすくなるので、閉め切った室内では排水の残りもあって、より雑菌が活発に繁殖して嫌なニオイを作り出してしまうのです。

家庭用シンクの排水口は普通の屋外などにある水道とはややしくみが異なっており、フタを開くと複数の器具が組み合わさっています。
こうした器具類はもともとは生ゴミなどが直接排水口に入り込んで詰まりを起こすのを防ぐという役割の他、ニオイがしにくくするために設置されています。

台所の清掃をするときにはシンクだけでなく、そうした細かい排水口の器具も一緒に洗うようにしましょう。

対応策、キレイに保つコツ

排水口の掃除については、特にニオイが強くなりがちな夏場前から対策をしておくことが勧められます。
まず清掃の手順としては、シンク全体を洗剤で洗うとともに、だいたい3日に1回くらいの頻度で排水口を開いて内部を清掃するようにしていきましょう。

排水溝内にある器具は、まず一番上に取り付けられているフタとともに、ゴミ受けのためのかご、さらに内部に小さなコップのようなものが逆さまになっているのが普通です。
この逆さまのコップのような器具は「排水トラップ」という名称で、下水からニオイが上がってくるのを防ぐ役割をしています。
しかし逆さまになっているという構造上、内部にゴミが蓄積されやすく、取り外して見るとぬるっと水垢がこびりついているのがわかります。

洗い方としては台所用として販売されている塩素系漂白剤を使い、スプレーなどで吹付けをしてブラシでゴミを落としていきます。
特にゴシゴシしなくても塩素系洗剤に浸け置きしておくだけでもかなり綺麗になりますので、できるだけこまめに洗うようにしましょう。

また、排水トラップを外したあとの排水口の壁面にも水垢が堆積しやすいので、そちらも洗剤をスプレーしながらブラシを使って汚れを落としていきます。
こまめに洗うことで排水管の詰まりを防ぐこともできるので、余計な排水トラブルを避けることにもなりますね。

ユーザー車検のメリット

少しでも安く車検を通す方法はあるのか

車検の時期になると多くの人が気持ちが沈むものです。
安心安全に車に乗るためには車検は欠かせないものですが、どうしても車検には費用がかかるので、それに気持ちが沈んでしまいます。

車でのトラブルを予防するためには車検が必要とわかっていても、どうにか少しでも安く車検を利用することができないかと多くの人が悩むものです。
そこで最近利用されているのがユーザー車検です。

ユーザー車検とは

ユーザー車検とは、名前の通り車のユーザー自身が行う車検のことです。
整備士のような知識がない人でも行うことができます。
知識のない人は全ての検査を行うことができないですが、手続きや運輸支局での検査については自分で行うことができます。

このように依頼する部分を最小限にして自分でできる内容は全て自分で行うことによって、代行手数料やテスター調整費用、過剰整備といったものを防ぐことができます。
手間はかかりますが、これらのロスを排除することができるため、一般的なディーラーや整備工場での車検よりも圧倒的にリーズナブルに行うことができます。

ユーザー車検のメリット

ユーザー車検のメリットといえば、まずは何よりもリーズナブルということです。
かなり費用を削ることができるので、人によっては半額以下にすることも可能になります。

そして、意外と大きなメリットが車や保険、税金といったものの仕組みに詳しくなれるということです。
日常的に車を運転していても、あまり車の知識を持っていないことが多いです。
そのため、運転していて何か違和感があると思っても具体的に車の何が悪いのかがピンとこなかったり、そもそも違和感に早いうちから気付けなかったりすることがあります。

車検を自分で行うときには車の中を開いてその様子を確認しますし、整備士に依頼した部分についても具体的にどのような点検をしたのか、そして何か不具合があったのかといったことをしっかりと説明を受けます。
これによって車の知識をしっかりと学ぶことができ、早期のメンテナンスや対応といったものについても知識を身につけることができます。
また、車を購入するときに車の知識がある方が自分に合っている車を探しやすいというのもメリットです。

保険や車にかかる税金についても同様です。
知識を身につけることによって、省けるお金も見えてきますから車検料だけでなく今後のランニングコストを下げることにも効果があります。

ただし、デメリットとして、運輸支局の営業時間しか検査が受けられないことや、時間と手間がかかるということもあります。
そこで、ユーザー車検をするにあたっては十分に時間に余裕があるときにしておかないと希望日に車検を受けられず車検切れとなる危険があることも理解しておきましょう。

運転中の眠気ってキケン

運転中の睡魔は危険

どれだけ気を張っていても運転をしていて突然眠くなってくるということはあるものです。
眠いと思ってしまうと、起きようと頑張ってもなかなか目が覚めないことが多くあります。

万が一そのまま眠ってしまえば居眠り運転となり周囲を巻き込む事故にもなりかねません。
そこで、運転中に眠気が起きたら適切な対応をすることが重要です。

もしも運転中に眠くなったら

もしも運転中に眠くなったら無理に運転することは避けましょう。
反射神経が鈍ってしまい判断に時間がかかったり、正しい行動を取れなかったりすることがあります。

眠くなった時の対処法には色々とありますから、自分に合ったものをとることが重要です。
方法によっては自分に合わず逆効果で眠くなってしまうこともあります。

例えば、眠くなったからといって仮眠を取る人がますがこれも寝方が重要です。
仮眠でありながら深く眠ってしまうと目覚めてから眠気が取れるまで時間がかかってしまいますし逆に眠さが続いてしまうことがあります。
基本的には仮眠は30分以内にすること、あまりに深い眠りにならないようシートを少し倒す程度で眠ることが望ましいです。

車で仮眠を取るときにはきちんと安全確保ができるよう場所を選ぶことも重要です。
起きてすぐに運転するのではなくしっかりと目を覚ますためにストレッチをすることが望ましいので、できれば車を降りて伸びができる場所であればなお良いです。

カフェイン摂取も効果的に眠気を覚ますことができます。
ただ、カフェインが効果を発揮するまでには15分ほどかかりますし、人によって体質も違います。
そこで、カフェインが効果のある人はカフェインを摂取する際には休憩場所で摂取し、それと合わせてストレッチを取ることも効果的です。

眠気を覚ますツボがあるため、そこを刺激するのも一つの方法です。
手には中衝(ちゅうしょう)や老宮(ろうきゅう)、合谷(ごうこく)などのツボがありますし、頭には風府(ふうふ)や百会(ひゃくえ)などのツボがあります。
これら以外にも足にあるツボもありますが、足のツボは自動車を止めてからの運転が必要です。

運転前に体調管理と対策を

運転をする前に眠くならないよう体調の確認をすること、運転時間やコースの確認をすることも重要です。
単調な道は眠気を呼びやすいですし、午前や昼食後、寝る2時間から4時間前は眠くなりやすい時間ですから運転時には気をつける必要があります。

また、少し体調が悪い場合に風邪薬を服用していたり、花粉症の薬を服用していたりすると運転中に眠くなってしまうこともあります。
運転中に眠くならないための予防として眠気防止のガムやカフェイン飲料も持ち込んでおくのも有効です。