友達とリムジンパーティーを楽しむ♪

リムジンパーティーサービスとは

海外のセレブなどが受賞パーティーなどに乗り付けているのを見かける大型リムジンですが、実はこれはレンタルをすることができます。

まずリムジンとは何かということを簡単に説明すると、これはドイツ語の「limousine」という言葉からきたもので、もともとは自動車ではなく馬車の形式の一つとして使われてきた言葉でした。
馬車の場合、御者と客室の間に仕切りがある構造をしていたことから、自動車のリムジンの場合も運転席と客席の間にガラスなどで仕切りがあるものをそのように呼ぶことになっています。

ガラスで仕切りがあるというと普通のタクシーと同じじゃないかと思うかもしれません。
しかし、馬車のリムジンが一般向けの乗り物ではなく王侯貴族のための乗り物であったことから、現在では内装が広く運転席が完全に独立しているものを指しています。

ちなみにリムジン車はトヨタや日産自動車のような大手メーカーが純正品として製造しているわけではなく、ほとんどが複数の自動車を組み合わせて作る改造車です。
純正品のものもないわけではないのですが、そうしたものも市販されているのではなくオーダーメイドで発注されるものですので、リムジンとして特定のメーカーの型式があるわけではないのです。
ですので「リムジン」といってもその外装や内装、装備や大きさは全く違うということが多く、どういったところで手配をするかによりかなり個性が異なってきます。

内部がそのままパーティールームとして使用できる車種もあり、現在都内を中心に専用のパーティーリムジンがレンタルできるようになっています。
リムジンレンタルとしては都内では「スターリムジン東京」や「カラットリムジン」「リムジンクルーズ」といった会社があり、料金は60分20万円~くらいで利用可能です。

魅力、楽しみ方

60分20万円というと普通のレンタカーとは比べ物にならないくらいの料金ですが、中に入ってみるとその理由はすぐにわかります。
高級革張りのシートに冷蔵庫、ドリンクバー、テレビといったAV設備など、まさにパーティーのための乗り物になっているのです。
人気が高いのが女子会での利用で、特に結婚前の友人をお祝いするための「バチェロレッテ」としてよく利用をされています。

高級リムジンをチャーターするわけですからドレスアップをするのが暗黙の了解になっており、リムジンレンタル会社では料金にドレスレンタルも含まれることがあります。
リムジンパーティーでは内部でパーティーを楽しみながら写真撮影の名所に連れて行ってもらうということができるので、パーティー途中の写真撮影をするときにもとても便利です。

久々の運転

下手くそな私

いつもは友人に車を出してもらって、ドライブへ行くのですが今日は久しぶりに自分で運転しました!
というのも、友人の車はちょっと修理中のようです。

たまには私にも運転してほしいと言われて、運転してみました!
最近自家用車の買い替えを検討しているんですよね。
だから、たまには自家用車を私が運転するのも良いかなと思ったんです。

運転するのは、いつぶりかな?
たまに近場へ、両親を送るときもありますが、遠出をするのはかなり久しぶりです。
そもそも、高速に乗ったことないかも(笑)

久しぶりに運転した感想は…やっぱり自分で運転するのは怖い!です。
友人が運転している車に乗るのは問題ないものの、やっぱり自分で運転するとなると、緊張しますし不安ですね!

ペーパードライバーではありませんが、免許を取って数十年車に乗っているわけでもありません。
久しぶりに運転して、今回は少し遠くへ行ってみたんですけど、自分が知らない土地を走るのも怖いですね。

一方通行の道を逆走しそうにもなっちゃいました。
やばいやばい、捕まっちゃうよ。

キャーキャーいう友人がうるさい!

私が運転していると、横で友達が叫ぶんですよ。
キャーぶつかる!とか言って。
そんなにひどくありませんから!

初心者じゃないのに、そこまでひどくありませんよ!
久しぶりの運転でしたが、中々楽しかったです。

カフェバイトのメンバーは、車を持っているのが店長しかいません。
あとは、大学生とか高校生とか、ママさんも普段は運転しないので、パパさんが車を使って通勤しているみたいです。

だから、私の自家用車で出かけようと言う話になっています。
店長の車も出してもらったら、ちょっと遠くの店でも行けますよね!

大勢を乗せて走ったことがないのでちょっと不安・・・。
大きな車が欲しいなと思いますが、それも不安・・・。

不安ばかり言っているときりがありませんね!
もっと運転、上手くなりたい!

ドライブ中に何を話す?

友だちとドライブ中に、どんな話をするべきなのかって話になりました。
運転中って集中するので、話ができないんですよね。
だから、私から話題を振ることができません。

いつもは友人が運転しているので、私からペラペラ話すのですが、今回は逆の立場なので、友達が疑問に思ったみたいです(笑)
確かに、何を話したら良いのか、迷いますよね。

今日あったこととか、好きなこと話して良いよと言ったのですが。
なぜか私が運転していると、ドライブ中は終始無言でした。
別に黙らなくっても良いのに、何か話してよというと、私が話せと言われます。

運転中に話題を振るなんてできません!
たまには、静かな車内のドライブも良いですよね!

あ、そうそう。
実はドライブする前に鍵がないということに気づいて、慌てて探したけど見つからなくて…。
結局は鍵開け専門のカギの救急車に頼んできてもらったんですよね。
車の鍵だから最悪、次の日とかになるかな?って不安だったんだけど、すぐ交換してくれてあの時は本当に助かったなぁ。

ちょっと遅れて行ったんだけど…上手くごまかせてセーフ。
やっぱり久しぶりに車に乗ると色々忘れるからダメですね。これからはなるべく乗るようにしなきゃ…。

郵便物を整理整頓すると気持ちいい

郵便物の保管で困ること

毎日届く郵便物ですが、忙しいからと言って届いたものをそのままにしておくと、みるみるうちに一杯になっていってしまいます。
一人暮らしの人などは特に届いた郵便物は差出人だけさっと確認して、とりあえずテーブルやサイドボードの上などに置きっぱなしにしていることが多いのではないでしょうか。

しかしそうした「あとからまとめて整理しよう」と思っている郵便物は、気がつけば山になってしまったりして部屋を乱雑にする原因になってしまいます。
これが単に部屋が散らかるくらいならいいのですが、各種公共料金の請求書やクレジットカードの支払いなど重要な郵便物が埋もれてしまうと滞納となってしまいます。
そこからかなり面倒な手間や延滞金が発生してしまうことになるでしょう。

郵便物は一つ一つは小さなものなので、つい後回しにしてしまいがちですが、貯まる前に細かく片付けをしていくことが整理整頓のコツになってきます。
どうしても郵便物をためてしまいがちな人は、まずテーブルの上などの雑多に置くという習慣はやめて、専用の郵便ラックなどを購入することがおすすめですね。

といっても洗濯カゴのような大きなボックスを郵便ラックにしてしまうと、置き場所が異なるだけで机の上の保管と全く一緒になりますので、新たにラックを購入するなら分別ができるものを選びましょう。

整理方法、ポイント

郵便物を整理整頓するにはまず「レターラック」として販売されているものを購入しましょう。
レターラックは壁掛形と据え置き型がありますが、整理整頓が苦手という人には壁掛形のものがおすすめです。
というのも人は視界に入るところに自然にものを置くクセがあるので、目の高さにラックを吊り下げておくことで、自然に整理する習慣をつけることができるからです。

レターラックは安いものなら1000円以下から購入できますので、部屋のインテリアに合わせて複数のポケットがあるものを選んでください。

複数のポケットが必要なのは、緊急度を区別することができるからです。
郵便にも、請求書など期限内に処置が必要なものもあれば、DMなど特にそこから何かが必要なわけではないというものもあるでしょう。
ですのでラックには「重要なもの」「保管が必要なもの」「目を通したら不要になるもの」といったように項目をつけて、それぞれの中に入れておくようにします。

いずれにしてもただ入れるだけではすぐにいっぱいになってしまいますので、定期的に中身をチェックして、不要なものは廃棄などしていくようにしましょう。
きちんと整理されているラックはそれ自体がステキなインテリアにもなりますので、毎日の生活を管理するということでしっかり毎日の整理習慣につなげてください。