奈良の旅

奈良県の観光名所の魅力を紹介

関西方面に旅行をする時にちょっとした穴場となっているのが奈良県です。
関西旅行と言えば世界的に有名な京都観光が最もメジャーで、次いで大阪の市街地やUSJといったところを回るコースが一般的ですね。

奈良県は関西方面では比較的地味な印象がありますが、日本最古の都があった土地ということもあり、歴史好きな人にとってはたまらないスポットも数多くあります。
また大阪や京都からの交通アクセス環境も非常によいので、奈良メインでなくとも関西方面を巡る旅の一つとしても訪れるのも良いでしょう。

奈良県を代表する観光スポットとしては、東大寺や春日大社、奈良公園といったところがあります。
ちょっとマニアックなスポットもめぐりたいという人におすすめになるのが首切り地蔵や地獄谷石窟仏ですね。
歴史が深い土地ということもあって遺跡や自然風景から漂う雰囲気も奥深いものがあり、その土地に入っただけでなんとなく神聖な気分になるというような場所もあったりします。

観光地としてすっかり整備された京都や大阪と異なり、どことなく垢抜けないような素朴さを感じることができるのも奈良県の魅力と言えるかもしれません。

奈良県には大和野菜という地元ならではの野菜があることでもよく知られており、一見同じような料理でも珍しい内容になっていたりします。
細かいところから感じる歴史の深さがあるということこそが、奈良県を観光する最大の醍醐味と言えます。

奈良旅行をする楽しさ

奈良県を観光に行く人の多くは他の関西の名所も回るスケジュールをとっていることと思いますが、思い切ってならメインにすることを強くおすすめします。
というのも奈良県というのは有名な観光名所がある一方で、何気ないような場所にきらりと光る魅力があるという、穴場だらけの場所であるからです。
なので観光名所を回りつつ、ぶらぶらと街歩きをしてみることで、他の観光地にはない魅力を堪能できるでしょう。

おすすめのスポットとしては近鉄奈良駅からすぐにある「ひがしむき商店街」からの街歩きで、一見普通の商店街のようでありながら、東京下町のようなごみごみした印象が全くない、不思議な雰囲気をしています。
商店街からすぐのところに猿沢池という大きな池が突然目の前に出てくるので、その周辺を回ってみるとよい散歩コースになりますね。

この猿沢池の周囲には整備された歩道があるので、それに沿って歩くことで東大寺の五重塔など有名な建造物を眺めることが可能です。
奈良県のご当地グルメとしては先にも述べた大和野菜の精進料理などがありますが、他にも茶粥や柿の葉寿司、吉野葛、三輪そうめんなどたくさんのお店があります。

作り置きはじめました!

作り置きをはじめるきっかけ

突然ですが、最近から作り置きをはじめてみました。
一人暮らしの友人がいるのですが「作り置きってすごく楽チンだよ~」とおすすめされたんです。
いつもバイトから帰ってきて、すぐできるような簡単なおかずを作るのですが、時々ご飯作るのが面倒くさい…と思うのもしばしば。
そんなときはコンビニのサラダチキンやスープでササッと済ませてしまっていました。

ただ、その食生活が体重になって表れてきたんです…。
なるべくヘルシーなものを選んでいるつもりでしたが、よくよく考えてみると、ちょっとしたお菓子もつまんでるんですよね。
コンビニに行くと必要が無いモノまで買ってしまうのもあるので、作り置きをはじめています。

簡単ですぐ作れるものからはじめています

実のところ、作り置き=料理がうまい人というイメージがあったので、これまでやろうと思っていませんでした。
長い時間キッチンに立たないといけないとの固定観念もあったので。
凝ったものを最初から作っても挫折するだろうと思い、材料も少なく簡単に作れるものからはじめています。

おかずを作るのに欠かせないのがレシピサイト。
この作り置きをするって決めてから3つほどレシピサイトのアプリをダウンロードしました。
そこで最初に目にとまったのは「無限シリーズ」です。

無限シリーズに出てくる野菜はきゅうりやピーマン、なすといったもの。
野菜1品+ツナ缶、そしてめんつゆや中華スープなどの調味料と和えたら出来あがりです。
簡単にできるだけでなく、お腹いっぱいになるのでしょっちゅう作っています。

私の一押しは「ピーマンと塩昆布」の炒め物です。
レシピ名の通り、材料は2品しか使わないので、ピーマンを切れば後は炒めるだけで完成。
休みの日に特売で購入したピーマンを切って冷凍しておけば、作りたいときにパパッとできちゃうのでおすすめです。

野菜やきのこ類・肉などの食材は冷凍しておくと便利ですよ~!

作り置きをはじめるにあたって、休日に野菜をまとめて切ることが多くなりました。
野菜を切る作業って少し面倒くさいな~とは思いますが、いざ作ろう!となったときにすぐ料理できるからすごく便利ですよ。
えのきやしめじのきのこ類は傷みやすいので、買ってきたらすぐにほぐしたり切ったりして、すぐに冷凍しています。
作り置きのおかずだけでなく、わかめや豆腐と一緒にみそ汁とかにもできるので、私にとって重宝アイテムです。

豚肉の細切れやむね肉、ささみなどは特売のときに買って、使いやすいように小分けにしておくと、ちゃちゃっとできます。
薄切り肉に細く切ったにんじんといんげんを巻いて冷凍しておくと、すぐに焼けるので、休日は料理にあてる時間を作ると後々楽になりますよ。

北海道の旅

北海道の観光名所の魅力を紹介

国内旅行で人気ナンバー1と言ってもよいのが北海道です。
北海道といえば雄大な自然においしい食べ物、複数の観光名所など見どころがたくさんある場所です。
夏場であれば避暑として訪れることができますし、冬では美しい雪景色にめぐり会えるでしょう。

関東からも関西からも北海道旅行をたくさんの旅行代理店がプランを提供してくれているので、旅行の手配をすることはそれほど難しくありません。
全国の空港から千歳空港に直行便が出ているので、遠方からであっても数時間で到着することができます。

北海道旅行のよいところは、非常に土地が広いことから、どの方面を目指すかにより全く違った旅行プランにできるということです。
最も人気があるのは札幌市内を中心にした道央エリアへの旅行ですが、函館のある道南や知床のある道東、稚内など日本最北端である道北など、場所によってまったく見どころが異なります。

一度だけでなく何度も行きたくなる魅力があるのが北海道なので、プランを作る時にはまず北海道でやりたいことをまとめて、そこから日程を作っていくのがよい方法です。
モデルコースも既にたくさん提案されているので、参考にしてプランを組むのも良いですね。

北海道旅行の楽しさ

初めて北海道旅行をするなら絶対に外せないのは札幌観光です。
札幌市内には一日で回れる観光名所が複数あるので、まずはそれらを一周しながら北海道の名物を食べるというのが定番コースとなっています。

代表的な場所としては旧北海道庁や札幌時計台、大通公園、テレビ塔などです。
もともと札幌市内のホテルは大通りに沿って多く建築されているので、夜のライトアップを楽しむことができます。

札幌市内にはまたたくさんの美味しいお店があるので、マストアイテムとしての札幌ラーメンやアイスクリーム、スープカレーといったものは計画的に食べていきたいところでしょう。
お酒が飲める人やお肉が好きな人ならジンギスカン料理もとてもおすすめなので、北海道ならではのジンギスカン鍋をビールで食べてみてもらいたいです。

北海道旅行をする時にネックになるのが移動時間かもしれません。
特に関東~関西の中心地にいる人にとっては、同じ感覚で移動時間を計算していると思わぬスケジュールトラブルが起こってしまいます。
特に観光地から観光地まで移動するためにかかる時間が非常に長くなってしまうのが北海道なので、出発前に移動にかかる時間はしっかり調べておいた方がよいでしょう。

それと冬場に訪れるなら防寒対策は絶対に必要です。
北海道は積雪量こそそれほど多くはないのですが、非常に冷え込みが厳しく、連日氷点下になることもあります。