どらいぶ/DRIVE」カテゴリーアーカイブ

エアコン

もしもカーエアコンエアコンが壊れてしまったら・・・

夏場にエアコンが使えなくなったらイヤですよね。窓を開けてもひたすら熱い空気が吹き付けるだけで一向に涼しくなりませんし・・・でもエアコンの修理ってなんだかお金がかかりそうなイメージがあってなかなか一歩が踏み出せないんですよね。しかも一時的に不調の時もあれば、何事もなく動作することもあります。でも故障しているなら夏場であれば早めに修理をしておきたいところですよね。ここではカーエアコンが故障したときに現れる現象や修理費などを調べてみました。

よく見られるカーエアコンの不具合と疑われる故障個所

実はカーエアコンの調子が悪いときには動作状況から、どの箇所が故障しているのが大体わかるんですよ♪故障前に良く現れる現象としては、ぬるい風が出るだけで冷房が効かない状態ですね。エアコンが正常に稼働していれば冷風が出てきて車内がキンキンに冷えるはずです。そうなったら、まずエアコンガスが漏れているか減っているかの可能性を疑ってみましょう!

カーエアコンの仕組みは簡単で、エアコン内部に入っているガスが循環することで冷風を送る仕組みになっています。エアコン内部は気密性がたかくて、通常ガスが漏れることありません。ですが、長い間車のエアコンを使用しているとガスが少しずつ漏れて、ガス不足なってしまうことも多いんです。特に経年劣化により亀裂などがはいっていていると、気密性が損なわれてガス漏れが生じてしまう場合もあるんですって。

冷房が効かなくてガスが十分に入っているときにこわれている可能性のある場所はどこ?

冷房が効かなくてエアコンガスが十分に入っている場合は、コンプレッサーの故障を疑います。コンプレッサーはどんな役割をするかというと、空気に圧力をかけて圧縮する装置です。エアコンで温度を冷やすためには必要な装置で、エンジン回りに取り付けられていますよ。

みおりんが調べたところによるとカーエアコンの不調の大半は、コンプレッサーの故障か、ガス不足だそうです。あ、あとコンプレッサーが壊れていると冬に必須な暖房が効かなくなることもあるみたい。その場合は、冷却水が不足していないかチェックするといいみたいです。この冷却水はエンジンを冷やすんですけど、暖房はこの時に吸い取った熱を利用しているみたいなのね。なので、冷却水が減っていると、暖房が正常に作動しなくなるわけ。冷却水が十分に入っていたら、サーモスタットの故障かもしれませんね。この場合エアコンが使えないだけでなくオーバーヒートを起こして動かなくなることもあるようです

気になるエアコンの修理代

故障個所が大体特定出来たら、修理ですね。数千円程度で済む場合もあれば10万円を超える場合もあるみたいです。で、まず冷房が効かない場合でガスが減っている程度であれば、エアコンガスを補充するだけでOKです!この場合は大体3,000円~5,000円だと聞いています。コンプレッサーが故障している場合は、交換費用に5万円~10万円程度かかるみたい。状況によっては廃車も考えないといけないかも・・・。サーモスタットが故障している場合は、冷却水の交換込みで1万5000円程度です

まとめ

カーエアコンが故障すると暑いだけでなく、故障箇所によっては10万円以上かかることも・・・。中にはカーエアコンの故障を機に車を買い替える人も少なくありません。なので、カーエアコンの故障は車買い替えのひとつのシグナルとしてとらえておくといいかもしれませんね。

久々の運転

下手くそな私

いつもは友人に車を出してもらって、ドライブへ行くのですが今日は久しぶりに自分で運転しました!
というのも、友人の車はちょっと修理中のようです。

たまには私にも運転してほしいと言われて、運転してみました!
最近自家用車の買い替えを検討しているんですよね。
だから、たまには自家用車を私が運転するのも良いかなと思ったんです。

運転するのは、いつぶりかな?
たまに近場へ、両親を送るときもありますが、遠出をするのはかなり久しぶりです。
そもそも、高速に乗ったことないかも(笑)

久しぶりに運転した感想は…やっぱり自分で運転するのは怖い!です。
友人が運転している車に乗るのは問題ないものの、やっぱり自分で運転するとなると、緊張しますし不安ですね!

ペーパードライバーではありませんが、免許を取って数十年車に乗っているわけでもありません。
久しぶりに運転して、今回は少し遠くへ行ってみたんですけど、自分が知らない土地を走るのも怖いですね。

一方通行の道を逆走しそうにもなっちゃいました。
やばいやばい、捕まっちゃうよ。

キャーキャーいう友人がうるさい!

私が運転していると、横で友達が叫ぶんですよ。
キャーぶつかる!とか言って。
そんなにひどくありませんから!

初心者じゃないのに、そこまでひどくありませんよ!
久しぶりの運転でしたが、中々楽しかったです。

カフェバイトのメンバーは、車を持っているのが店長しかいません。
あとは、大学生とか高校生とか、ママさんも普段は運転しないので、パパさんが車を使って通勤しているみたいです。

だから、私の自家用車で出かけようと言う話になっています。
店長の車も出してもらったら、ちょっと遠くの店でも行けますよね!

大勢を乗せて走ったことがないのでちょっと不安・・・。
大きな車が欲しいなと思いますが、それも不安・・・。

不安ばかり言っているときりがありませんね!
もっと運転、上手くなりたい!

ドライブ中に何を話す?

友だちとドライブ中に、どんな話をするべきなのかって話になりました。
運転中って集中するので、話ができないんですよね。
だから、私から話題を振ることができません。

いつもは友人が運転しているので、私からペラペラ話すのですが、今回は逆の立場なので、友達が疑問に思ったみたいです(笑)
確かに、何を話したら良いのか、迷いますよね。

今日あったこととか、好きなこと話して良いよと言ったのですが。
なぜか私が運転していると、ドライブ中は終始無言でした。
別に黙らなくっても良いのに、何か話してよというと、私が話せと言われます。

運転中に話題を振るなんてできません!
たまには、静かな車内のドライブも良いですよね!

あ、そうそう。
実はドライブする前に鍵がないということに気づいて、慌てて探したけど見つからなくて…。
結局は鍵開け専門のカギの救急車に頼んできてもらったんですよね。
車の鍵だから最悪、次の日とかになるかな?って不安だったんだけど、すぐ交換してくれてあの時は本当に助かったなぁ。

ちょっと遅れて行ったんだけど…上手くごまかせてセーフ。
やっぱり久しぶりに車に乗ると色々忘れるからダメですね。これからはなるべく乗るようにしなきゃ…。

ユーザー車検のメリット

少しでも安く車検を通す方法はあるのか

車検の時期になると多くの人が気持ちが沈むものです。
安心安全に車に乗るためには車検は欠かせないものですが、どうしても車検には費用がかかるので、それに気持ちが沈んでしまいます。

車でのトラブルを予防するためには車検が必要とわかっていても、どうにか少しでも安く車検を利用することができないかと多くの人が悩むものです。
そこで最近利用されているのがユーザー車検です。

ユーザー車検とは

ユーザー車検とは、名前の通り車のユーザー自身が行う車検のことです。
整備士のような知識がない人でも行うことができます。
知識のない人は全ての検査を行うことができないですが、手続きや運輸支局での検査については自分で行うことができます。

このように依頼する部分を最小限にして自分でできる内容は全て自分で行うことによって、代行手数料やテスター調整費用、過剰整備といったものを防ぐことができます。
手間はかかりますが、これらのロスを排除することができるため、一般的なディーラーや整備工場での車検よりも圧倒的にリーズナブルに行うことができます。

ユーザー車検のメリット

ユーザー車検のメリットといえば、まずは何よりもリーズナブルということです。
かなり費用を削ることができるので、人によっては半額以下にすることも可能になります。

そして、意外と大きなメリットが車や保険、税金といったものの仕組みに詳しくなれるということです。
日常的に車を運転していても、あまり車の知識を持っていないことが多いです。
そのため、運転していて何か違和感があると思っても具体的に車の何が悪いのかがピンとこなかったり、そもそも違和感に早いうちから気付けなかったりすることがあります。

車検を自分で行うときには車の中を開いてその様子を確認しますし、整備士に依頼した部分についても具体的にどのような点検をしたのか、そして何か不具合があったのかといったことをしっかりと説明を受けます。
これによって車の知識をしっかりと学ぶことができ、早期のメンテナンスや対応といったものについても知識を身につけることができます。
また、車を購入するときに車の知識がある方が自分に合っている車を探しやすいというのもメリットです。

保険や車にかかる税金についても同様です。
知識を身につけることによって、省けるお金も見えてきますから車検料だけでなく今後のランニングコストを下げることにも効果があります。

ただし、デメリットとして、運輸支局の営業時間しか検査が受けられないことや、時間と手間がかかるということもあります。
そこで、ユーザー車検をするにあたっては十分に時間に余裕があるときにしておかないと希望日に車検を受けられず車検切れとなる危険があることも理解しておきましょう。