バレンタインデーどうしようかな♪

彼氏にチョコレートを

アルバイトに忙しく、ハロウィンもクリスマスも一緒にいられないという彼女を持っていながら、「働き者のみおは本当に偉いね、クリスマスはクリスマスが終わってからやればいいよ、俺もバイト入れるから一緒にがんばろう」なんていってくれる素晴らしき彼、大学に入ってから2年半、お付き合いが続いているのも、彼が本当にいい人だからです。

そんな彼に今年こそ、可愛いバレンタインのチョコを作ってあげたいと決心し、アルバイト先のスイーツ担当者様に、ご教授願ってみたのです。
すると、チョコレートのお菓子は以外と作りやすいから、教えてあげるよ、頑張って作ってみなよと快くご指導OKという事になりました。

さて何を作ろうか

スイーツ担当の方と一緒に、「何を作ろう?」と悩みました。
彼はどんなスイーツが好き?チョコレートは大丈夫な人?果物とか嫌いなものは?なんて聞かれていろいろ考えてみました。
果物は苺が好き、チョコレートも好きだし、カスタードクリームも好き、でも、生クリームは好きじゃない、ケーキとしてはガトーショコラが好きだと思うけど、ちょっと味気ない気もする……と悩みぬいてます。

スイーツ先生(アルバイト先のスイーツ担当の方)は、ガトーショコラでもハートとかピンクで色づけしたホワイトチョコレートで飾ると可愛くなるし、マジパンで立体的なハートにしてもいいと思うよ?といろいろ意見を頂けました。
でもそれがまた迷う事になるのです。

オススメは何?

スイーツ先生のオススメは何?と聞いてみると、冬にパンナコッタとかもいいよというお答えがありました。
アルバイト先のカフェで作っているパンナコッタをアレンジして、バレンタイン風のものを作ってみたら?と、簡単だし、スイーツ作ったことがないという人にもできるよといわれました。

そうです。
肝心な事を忘れていました。
私、スイーツとか作ったことがない!お料理だってまともにできない状態で、このお店でキッチン入った時にも困ったことがたくさんあり、やっとまともになってきたというのに、スイーツってどうやって作るのかもわからない……あまりのお惚けぶりにスイーツ先生、「もしかして高度なものが作れると思ってた?」と苦笑いでした。

たぶん好きな人からもらうもので、手作りだから絶対に喜んでくれると思うし、思いやりのある彼氏みたいだからまずくてもおいしいって食べてくれると思うけど、やっぱりおいしいもの、可愛いバレンタインらしいものがいいだろうから、簡単に作れておいしくて、ビギナーでも絶対成功するスイーツがいいよとご指導されました。
結果的に、何を作るのかまだ決めかねているのですが、とりあえず、テスト作品としてパンナコッタを自宅で作ってスイーツ先生に食べていただこうと思っています。

あけましておめでとうございます!

新しい年が始まりました

あけましておめでとうございます。
ついこの間まで、「あけおめー」なんて張り切っていっていたのに、大学生にもなってそういうこともいっていられず、田舎から帰ってすぐにアルバイト先に顔をだし、「おめでとうございます、ことしもよろしくおねがいします」とご挨拶に行き、友人と一緒に初もうでに行きました。

実家も暮、正月1日、いたんですけど、うちの家族の薄情な事にびっくりしました。
暮れに実家に帰って同級生でワイワイ楽しんで、翌日、おめでとうございますとお雑煮を頂いている時、「明日から、うちら、温泉旅行に行くことになってるから、今日帰ってね」というんですよ。
「は?なにそれ?」というと、前々から決まっていたようで、すでに大学推薦が決まっている弟へのご褒美、また弟が大学に行くからこの先実家は夫婦二人になる、という事で、第二の新婚旅行気分も兼ねて、3泊4日という豪華温泉旅行に行くらしいのです。

私も行けたのにーというと、弟のお祝いとお父さんとお母さん第二の新婚旅行だから、穴旗関係ないでしょーと、は、白状モノでしょう?
ということで1日の夜にはここに戻り、ぶすっと……膨れていたのです。

膨れてばかりもいられない、お正月です

膨れてばかりもいられず、お正月ですから、初詣に行こうと、都会が地元の友人に、初詣に連れて行ってもらいました。
「新年の抱負は?」なんて友人から聞かれ、「怒らないこと」と、家族に腹を立てていた自分を戒めたのですけど、友人は「今年は本を月に2冊は読むようにする」という抱負を語っていたのです。
同じ年齢でしっかりしてるなと感心していたら、「新年の抱負は、しっかりと、曖昧じゃなくこの1年本当に行う事を考えていくべきなのよ?」と叱られてしまいました。

お正月、新年の抱負は実現できることを明確に

友人曰く、お正月は気持ちを切り替えてしっかりと新しいことができる時なので、新年の抱負も現実的に、自分が本当にできる事、継続できることを考慮して明確にしていことが必要なのです。
例えば本を読むという事でもただ本を読むという事じゃなく、友人のように1ヶ月2冊の本を読むというように、具体的に達成できる事を考えなくてはならないといいます。
そうする事で、こうして頑張っていくという気持ちと目的が明確になり、お正月、気持も新たに新しい目標に向かって歩くことができるようになるという事です。

なるほど、と納得しましたが、同じ年齢でこんなにもたくさんの事を考えている友人に尊敬の念を抱き、私って本当にダメなんだなともっとしっかりしなくちゃと感じさせてくれることになったのです。
お正月、さて、どんな目標を立てればいいか?じっくり考えてみましょう。

クリスマスは大変そう

若い人がたくさん来てくれるお店なので

街の空気がだんだんと冷たくなってきて、ああ、冬だなーと、ぼけた天然娘の私もしっかり感じるようになった頃、街のあちこちにイルミネーションが飾られて、夜になると美しいとうっとりしてしまうような光景があちこちにみられるようになりました。
「これって何かのイベントですか?」と張り切ってキッチンの方に聞いてみたら「はあ?クリスマスのイルミネーションだよ、実家の方にはクリスマスのイルミネーションないの?」とバカにされてしまいました。

だって田舎の方のイルミネーションと比較すると、規模が全く違うでしょ?
デパートも、ごく普通の道路脇も、服飾店もうちのカフェも、キレイにイルミネーションされている、きっとこれは、この通りが全部クリスマスイベントか何かなんだって思ってしまっても仕方ないじゃないですか。

いや、こんなにもきれいなイルミネーションが毎日見られて本当にウキウキです。
プラス、うちのカフェでもクリスマスバージョンのラテとかスイーツ、ランチなど特別バージョンが登場して、お客様も次第に多くなってきています。

カップル多し、嫌な予感

毎日、だんだんとカップルが多くなっていて、うちのカフェから見えるイルミネーションが美しいと評判になって、窓際のお席がかなり人気となってきています。
窓際の席に座りたいので待ちますというカップルもいて、なんかこの先、アルバイトに入る日が多くなりそうだなと思いつつ、大学の方も試験だしなー……と考えていました。

しかし、案の定、「そろそろ忙しくなってきたので、アルバイト、この日、この日、後、この日も来れる?時間も伸ばしてほしいんだよね」と鬼の店長のスケジュール調整が始まりました。
でもずっとお世話になってきているし、カフェでごちそうになる事も多いし、店長もキッチンの方々もみんなやさしくてここ、辞めたくないし、と……「わかりました」というしかないのです。

徐々に人が多くなってきているので、クリスマス近く、21日から26日(特別ランチとディナー的なものがある)までフルでアルバイトする事になりました。
ああ……試験大丈夫かな、私、といってももう断れないのですけど。

先輩に聞く去年のクリスマス

昨年もこのカフェはカップルに大人気で、クリスマス特別料理的なものが話題になって、またクリスマスバージョンスイーツがいくつか用意されているので、全種類食べにくるという人も多いのだといってました。
座るとか、休憩とか「何のことですか?」というくらいに忙しく、閉店でカフェを締めた時、思わず床にへたり込んだと……こんなにしっかりした先輩が?と思うと、今から恐怖している私なのです。