沖縄観光の旅

アルバイト代をためて高校時代の親友と沖縄旅行へ

高校時代の親友がいます。
彼女とは中学から一緒で、高校も一緒、大学は違うところに行ったけど、今も仲良くごはん行ったり、女子会したり、どっちかの家でお鍋したりとずっと仲良くしています。
いずれ、就職で違うところに行くかもしれないけど、ずっと親友です。

高校卒業の時、彼女と大学生になったら休みの時、アルバイト代貯めて沖縄旅行に行こうねって約束していたのですが、やっと実現しました。
二人で計画して、行きたいところをチョイスして、沖縄旅行に出発、憧れの沖縄の海も思い切り満喫したいし、沖縄のおいしい食べ物も満喫したいと、色々な「欲」を持ちながらワクワク沖縄良好の開始です。

絶対に行きたかった美ら海水族館

彼女と絶対に行きたいねといっていたのが、首里城と沖縄美ら海水族館、まずは水族館に行ってきました。
心から見てみたいと思っていた水族館です。
実は、私兄がいるのですが、兄の高校の修学旅行先が沖縄で、美ら海水族館はスケールが違う、圧倒された、一回見ておく方がいいといわれてきたのです。

私達の高校の修学旅行は北海道だったので、やっと念願かなって来ちゃいました。
兄がいうように、圧倒というか圧巻というか!スケールが本当に違います。
ジンベイザメが泳ぐ大きな水槽はブルーで美しく、そこを悠々と泳ぐジンベイザメの大きい事といったら驚きました。
全面ガラス張りなので余計に圧倒されます。

沖縄旅行に来る人のほとんどが、来るいわれる水族館だけあって、ジンベイザメもナンヨウマンタも本当に口があんぐりしてしまうほどに巨大で美しかったです。
同じ地球に暮らしていると思えないほど、圧倒的な大きさでした。

おひるごはんのついでといってはなんですが

近くにおいしいそーきそばのお店があるという事も聞いていたし、首里城も沖縄にいたら見たいところだったので、行ってきました。
琉球王国の歴史を伝える首里城は、琉球、中国、日本、朝鮮などと貿易、外交を行った主軸であり、華麗な王朝文化を象徴する建物です。

歴史深い建造物という事もあり、美しく荘厳で沖縄でしか見る事の出来ない建物だと感じました。
沖縄の文化が象徴されているようなダイナミックさと繊細さが入り混じったような建造物も圧巻です。

橋で渡る事が出来る離島、古宇利島へ

ここは一緒に行った親友が絶対に行ってみたいといっていたところです。
橋で渡る事が出来る古宇利島(こうりじま)は、那覇から車で1時間半、レンタカーを最初に借りていたので、この橋を車で渡りました。
海の上を車でそのまま走っているという感じで、なんだか違う国にきたような感覚です。

沖縄の海は美しく、透明で、本当にきれいでした。
恋の島、神の島と呼ばれるこの島をつなぐ橋「古宇利島大橋」は海の上を延々と島まで結んでいます。

ここは彼と来るべきところだねと、二人とも、彼とまた来よう……という気持ちを持つ位、ロマンチックで美しくて、涙が出るほどの景色です。
沖縄は見所が多すぎてなかなかお伝えできない部分が多いのですが、石垣島から渡った竹富島の牛車、そこで歌ってくれた島唄、何もかもが素敵な思い出となっています。

由比ヶ浜に行ったよ!

彼と一緒に由比ヶ浜ドライブ、楽しかった

久しぶりに彼とアルバイト休みが一緒になって、これはどこかに行かないと!と二人で由比ヶ浜に行ってきました。
彼は実家通い、結構なボンボンさんなので、車を持っています。(大学生の分際で、というか、今結構多いですけど)
彼が迎えに来てくれて、颯爽と乗りこみ、(ドライブの必需品、珈琲とお菓子をもって)ドライブ開始です。

彼とはアルバイトなどの都合が合わず、昼間こうして長い時間一緒にドライブデートって初めてかもしれません。
彼もウキウキしているのがわかるし、今日のためにチョイスしたという音楽も楽しくて、笑えるものもあって、これから先のドライブの時間がより楽しみになりました。

まずは鶴岡八幡宮へ

彼のお父さんが、由比ヶ浜に行くのなら鶴岡八幡宮に酔っていくといいよ、というので、由比ヶ浜に行く前にちょっと立ち寄り、するとここに、大好きなソフトクリームが……そのうえ、私が大好きすぎる紫いも味のソフトです。
こういう時にも、私が欲しいという前に、「買ってくるね」といって、きちんと普通のソフトクリームじゃなくて、紫いものソフトクリームを買ってきてくれるところが、私の彼のすごいところです。

わかってくれているというのは本当に心地いいし、こういう彼がいて本当に幸せだとつくづく感じます。
結構観光客が多くて、ごみごみしていたけど、しっかりお願い事をして(内緒です)再び車に乗って由比ヶ浜を目指します。

海風が気持ちいいから窓を開けて

七里ヶ浜から由比ヶ浜までの道路、海が美しく手ピカピカしていて、当日お天気がすごくよかったので、青い空と青い海、白い雲が本当にきれいでした。
海風が気持ちよさそうだと思い、窓を開けると、潮風の香りがふわっと漂って、海にきたんだなーという感じがひしひしとします。

私の田舎、実家は海がすごく近かったので、実家の事をふと思い出だすような感じ、懐かしいイメージがして、お母さん元気かな……と思ったりして、「風が本当に気持ちがいいね」という笑顔の彼を見て、おいおい、デート中だったと割れかえったのでした。

由比ヶ浜の目の前のシードレスバーでごはん

由比ヶ浜の目の前という最高のロケーションのオーシャンビューカフェ、「シードレスバー」でランチ仕様という事で店内へ。
時間が早めなのに結構人が多くて混雑気味ですが、カルフォルニアをモチーフにしているというだけあって、雰囲気最高のお店です。

ここ、カップル席があるので、海を真正面にみることができるお席に座りました。
オーダーは、おいしいと評判のシーフードピザ、彼はシーフードカレー、ピザは彼に手伝ってもらわないと食べきれないくらいの大きさです。

夜はさらに雰囲気最高でカップルにいいよって聞いたので、今度は夜にかけてきたいねって彼と約束しました。
おいしいものを食べて、美しい海を見て、彼と長い時間過ごせて、最高の由比ヶ浜デートとなりましたよ。

元バイト仲間とドライブ♪

アルバイト仲間と一緒に浦安万華鏡へ

もうすぐ先輩が卒業という事で、アルバイトを辞めてしまうため、みんな一緒に遊びに行きたいねといっていたのですが、やっと、その日がやってきました。
カフェのクリーニングがあり、お店を締めて店舗クリーニングの業者さんに、店内を清掃してもらうので1日、アルバイト仲間が全員お休みという事になったのです。

これは大チャンスという事で、前から行きたいっていっていた大江戸温泉物語の浦安万華鏡にいってきたのです。
一緒にアルバイトしている子が車を出してくれたので、みんなで乗り込み、首都高からレインボーブリッジを抜けて(きっと帰りは夜景で美しいですね)新浦安、到着した大江戸温泉物語系列の浦安万華鏡、すごく立派な建物に心躍ります。

浦安万華鏡はこういう所

浦安万華鏡は色々な温泉を楽しめる施設、全部で11種類もの温泉があり、水着で露天風呂に入れるという魅力もあります。
人工炭酸泉とか、洞窟風呂など個性的な温泉が揃っていて、1日楽しめる温泉です。
子供も大人も多いのですが、私たちのように女子組も非常に多く、みんな楽しげでした。
エステ、マッサージ、あかすりなどのリラクゼーション施設もあり、私と先輩はよだれたらしそうになりながらエステとマッサージで大満足です。

食事も今日贅沢に行こうという事で、みんな一緒に浦安万華鏡の中華料理「老上海」へ、個室があるという事で、個室に入れていただき、みんなで中華料理に大満足です。
ちなみに私は坦々麺が大好物なので、坦々麺と麻婆豆腐の四川風セットを選択しました。
ピリッと辛く深い味の坦々麺と、滑らかで辛い麻婆豆腐、サラダとごはんと杏仁豆腐がついてものすごくおいしかったです。
ダイエット中という事は今回忘れることに……・たまにはダイエット息抜きです。

時間貸しのお部屋でのんびり

ここは休憩場所としてお部屋を時間で貸してくれるのです。
12時から15時まで、3時間化してくれるので、ここに行くときには絶対予約する方がいいですよ。

利用の前日まで予約できるので休憩用に予約しておきましょう。
広くてのんびりできて、畳のお部屋に足を延ばしてゆっくりくつろぎました。

帰る前に居酒屋でちょっと

アルバイト仲間の中に、お酒が飲めないという人がいるので、その方が帰りの車を運転してくれるという事で、みんな大好き居酒屋にもよってきました。
浦安万華鏡には館内に居酒屋さんがあるのです。

冷奴とか漬物、にんにく焼きとかもあって温泉の後の一杯!という感じでみんなかなり飲んだように思います。
帰りは結構トイレを探しました。
温泉、グルメ、癒し、何もかもが揃っているこの温泉施設に来ることが出来て、アルバイト仲間と本当にいい思い出になりました。