最近はキッチンも頑張ってます

最初はホール、これ定番

接客業のアルバイトとか、私、高校の時にも全くしたことがなかったんです。
結構勉強漬けの毎日で、塾に行ったり部活に行ったりで、アルバイトする時間というのが全くなかったのです。
大学生になったら、絶対にカフェでアルバイトしたいという気持ちを持っていました。

地元のカフェで働くお姉さんが本当にカッコよくて、かわいくて、こういうお店で働きたいな……と思っていたのです。
大学に入ってこの地に来て、すぐにアルバイト先を探し始めたのですが、カフェは人気があるので、めぼしい店はアルバイト情報になくても、「アルバイトの募集とかってないですよね?」と積極的に聞いてみて、ゲットしたカフェのバイトです。

最初はホール、実は苦労が尽きなかった

最初はホールで、お客様にお水をだして、メニューを持っていき、メニューを聞いて依頼されたものを運ぶ、そしてお客様が帰った後は、サッときれいにするというような仕事です。
簡単そうに見えますが、最初のうちは「私ってオーダーもまともに取れない」とすごく落ち込みました。

結構大きな声で注文を取っていると思っていたのに、お客様にあまり聞こえていなかったり、お客様が依頼したオーダーがうまく聞き取れていないのに、「もう一度お願いします」という事が最初は出来なかったり……今考えると、すごく失礼な事をしていたなと思いました。
でも店長に指導されつつ、先輩に優しく教えてもらいながら、やがて「カフェのお姉さん」になれて、カフェのホールで楽しく働くことができるようになったのです。

今はキッチンにも入っています

ホールに慣れてから店長がキッチンも経験しておいてっていうので、初めてキッチンを経験、お皿に盛り付けをしたり、ちょっとしたりサラダを和えたり、ちょっとした調理的な事も行うので、「料理が下手」な私、結構緊張しながらやってました。
先輩にレタスを一番左においてっていわれて、キャベツを置いてしまった時、ショックを受けた顔をされて、すごく恥ずかしかったんですけど、レタスとキャベツの区別がつかないほど、料理をしたことがなかった自分です。

恥ずかしいことに、キャベツとレタスわからない?とびっくりされてしまったのも、今ではいい思い出ですが、やっぱり家でしっかり調理とかお母さんについて覚えておけばよかったとものすごく後悔しました。
キッチンはお客様にお出しするお料理を作っている場所なので、とにかく清潔に……という事を大切に、そして私は、まともに目玉焼き位出来るようになろうと店長から言われ、自宅ではひたすら毎日目玉焼きの特訓していました。

目玉焼き、結構カフェランチで作るんです。
どうしてもつぶれたりしてしまう、私ってやっぱり不器用です。

ラテアート練習中!

もともと器用じゃないから苦労する

カフェで働いているというと友人からおいしそうでカッコいいカフェランチとかラテアートとか上手にできるんでしょ?いいよねー器用で、なんて言われることが多いです。
いえいえ、わたくし、自慢じゃないですが、とっても不器用です。

昔から手先が器用な方じゃないし、こういう繊細な作業が一番苦手です。
それにセンスも皆無だと思っているので、カフェでもこういう事をやってみろといわれるとあせります。
何から始めたらいいのかな、どうやって練習するの?とクエスチョンマークだらけの私、先輩がしっかり教えてくれました。

ラテアートって何?

簡単にいえば、温かいカフェラテに可愛い絵などをかく、つまりカフェにアートを描くのが、ラテアートです。
カフェラテにハートのような模様が描かれていたり、くまとか猫とか動物が描かれている、というようなものをラテアートといいます。
ラテアートには、フリーポアとエッチングというタイプがあり、フリーポアはラテアートのこと、エスプレッソが注がれたカップにスチームしたミルクをピッチャーから注ぎつつ模様を作り出します。

エッチングはスプーンやピックなどを利用し、絵を描いていく方法の事をいいます。
動物などを書くときにはこの手法です。
最近人気の3Dラテアートなどもこうしたエッチングで作られています。

練習にはこんな道具が必要

いつかカフェを……というつもりはありませんが、自分がもともとコーヒー好きという事もあり、元からあったものもありますが、これから練習を始めるという人は、ラテアートに必要なグッズをそろえましょう。
エスプレッソマシン、グラインダー、ミルクピッチャー、珈琲豆、牛乳、マグカップです。
エスプレッソマシンはかなり高いものもありますので、自分の買えるものを、ただ、家庭用のものはパワーが弱いため、連続練習にならないし、味が劣ります。

エスプレッソ専用は高いので、家庭用のコーヒーグラインダーでいいでしょう。
ミルクピッチャーは、12oz、20ozのサイズがあり、私は12ozを利用しています。
マグカップは6oz、8oz位、寸胴のデザインよりも丸い方が練習しやすいです。

練習はとにかく反復練習

ラテアートの練習も、部活と同じでとにかく反復練習あるのみです。
道具の使い方になれる、動作を自分の中にすり込むという感じです。

繰り返し、繰り返し、何度も同じ作業を繰り返していくと次第に、自分の形になってきます。
エスプレッソの抽出からミルクスチーム、イメトレして、水で仮想ラテアート、この繰り返し練習を何度も行う、正直、辛いものがありますが、カフェで働く以上、こうしたことが出来ないと上に行けないという気持ちをもって頑張っています。

北海道観光の旅

魅力がいっぱい

北海道って、食べ物がおいしいんですよ!
やはり北海道に観光へ行くと何よりも驚くのが、グルメなんですよね。

食べ物のおいしいことと言ったらもう。
言葉では言い表せないくらいです!

バターサンドとか、チーズ、ソフトクリーム。
乳製品はもちろんですが、魚介類を使った海鮮も絶品です!

米やじゃがいもなどなど。
北海道で生産された農作物も多いので何処へ行ってもご当地グルメばかり。

ラーメン、うに、いくら、ジンギスカン。
北海道旅行に長期間行くと、絶対に太って帰ってきますよ!

小旅行に行ったんですけど、私は3日で太りましたもん!
それくらい、グルメが美味しいです!

お酒が大好きな友人は、北海道旅行へ何度も行っているみたいです。
それくらい、お酒もおいしいそうです。
飲まない私は、わかりませんが。

自然だらけの町並!

北海道ってでっかいどうと言われるだけあって、かなり広大です。
移動に時間がかかるから大変だと思われがちですけど、日本の最北に位置しているだけあって、自然を感じない時がありません。

冬には、積雪が見られますが本州では滅多に見れませんよね。
場所によっては、車の姿も人の姿もないところでドライブができます。

今回はレンタカーを借りました。
多少スピードを出しても大丈夫でしたが、冬場は路面が凍って大変でしょうね。

北海道の冬

↑冬の北海道…道路埋まってる(; ・`д・´)

北海道は長距離移動が主です。
だから、駅弁が豊富だそうですよ。
電車を使わない私たちは、ちょっと損をしているかも。

レンタカーは札幌周辺が充実していました。
観光旅行を考える際には、レンタカーと鉄道を組み合わせて移動した方が良さそうですよ!

観光客が少ない

それこそ卒業旅行時とか、修学旅行時には学生であふれかえっていますが、実際に北海道って観光客が少ないんです。
ゴールデンウィークとか夏休み中、観光都市は混雑します。

でも、東京や大阪、京都などの大都市と比べたら、天と地の差ですよ。
北海道での観光の混雑ぶりは、赤ちゃんみたいです。

北海道は、主要道路が限られています。
だから、レンタカーでの移動は渋滞につかまります。
広大さゆえ、逃げやすいところもあります。

別に渋滞していても、町が広いからちょちょっと抜け出せるんです。
それが、北海道でのドライブ旅行の魅力ですかね。

少し違う道を通ると、キレイな景色が見えます。
ドライブしていたら、思ったよりも早く目的地につくなんてことも。

渋滞を避けるための回り道でも、楽しめます。
これぞ、北海道観光の魅力だと思います。

北海道で食べたいグルメ3選!

私が選ぶ、北海道へ行ったら絶対に食べたいグルメを3つご紹介しますね。

まず、駅弁!
私は食べることが出来なかったので、北海道へ行かれる方にはぜひ食べてきてほしい!

旅の醍醐味ともいえる駅弁ですが、北海道ならではのいくらやうに、イカ、カニなどなど。
新鮮な魚介類を使ったものが主流です。

道内米にこだわっている駅弁もあるそうです。
食べたかったなぁ!

次に、フルーツです!
北海道を堪能するなら、夕張メロンはかかせません。
全国的に有名ですし、お菓子やジャムにも使用されています。

サクランボも有名ですよね。
珍しいといえば、でんすけすいかという超特大サイズの黒いスイカも有名です。

最後に、北海道名物ジンギスカン!
これは、北海道へ行くフェリーの中でも食べることができます。
羊肉をまるごと野菜と一緒に焼くという、北海道を代表する料理です!

焼いた肉と野菜と、特性のたれをつけて食べます。
まさに絶品です。
ジンギスカンはちょっと固めなので、バーベキューにすると、ちょっと味がちゃんと楽しめません。

食べ方にはいろいろありますが、やはり定食みたいな感じが一番良いかも。
夕食に食べましたが、私はジンギスカンの味が大好きでした!