運転中の眠気ってキケン

運転中の睡魔は危険

どれだけ気を張っていても運転をしていて突然眠くなってくるということはあるものです。
眠いと思ってしまうと、起きようと頑張ってもなかなか目が覚めないことが多くあります。

万が一そのまま眠ってしまえば居眠り運転となり周囲を巻き込む事故にもなりかねません。
そこで、運転中に眠気が起きたら適切な対応をすることが重要です。

もしも運転中に眠くなったら

もしも運転中に眠くなったら無理に運転することは避けましょう。
反射神経が鈍ってしまい判断に時間がかかったり、正しい行動を取れなかったりすることがあります。

眠くなった時の対処法には色々とありますから、自分に合ったものをとることが重要です。
方法によっては自分に合わず逆効果で眠くなってしまうこともあります。

例えば、眠くなったからといって仮眠を取る人がますがこれも寝方が重要です。
仮眠でありながら深く眠ってしまうと目覚めてから眠気が取れるまで時間がかかってしまいますし逆に眠さが続いてしまうことがあります。
基本的には仮眠は30分以内にすること、あまりに深い眠りにならないようシートを少し倒す程度で眠ることが望ましいです。

車で仮眠を取るときにはきちんと安全確保ができるよう場所を選ぶことも重要です。
起きてすぐに運転するのではなくしっかりと目を覚ますためにストレッチをすることが望ましいので、できれば車を降りて伸びができる場所であればなお良いです。

カフェイン摂取も効果的に眠気を覚ますことができます。
ただ、カフェインが効果を発揮するまでには15分ほどかかりますし、人によって体質も違います。
そこで、カフェインが効果のある人はカフェインを摂取する際には休憩場所で摂取し、それと合わせてストレッチを取ることも効果的です。

眠気を覚ますツボがあるため、そこを刺激するのも一つの方法です。
手には中衝(ちゅうしょう)や老宮(ろうきゅう)、合谷(ごうこく)などのツボがありますし、頭には風府(ふうふ)や百会(ひゃくえ)などのツボがあります。
これら以外にも足にあるツボもありますが、足のツボは自動車を止めてからの運転が必要です。

運転前に体調管理と対策を

運転をする前に眠くならないよう体調の確認をすること、運転時間やコースの確認をすることも重要です。
単調な道は眠気を呼びやすいですし、午前や昼食後、寝る2時間から4時間前は眠くなりやすい時間ですから運転時には気をつける必要があります。

また、少し体調が悪い場合に風邪薬を服用していたり、花粉症の薬を服用していたりすると運転中に眠くなってしまうこともあります。
運転中に眠くならないための予防として眠気防止のガムやカフェイン飲料も持ち込んでおくのも有効です。

車のトラブルが起きたら…

もしも車にトラブルが起きたら

私たちは日常の中である日突然不測の事態に陥ることがあります。
特に運転中にトラブルが起きてしまうと気をつけないと事故の原因となることがありますから瞬時に適切な判断が必要です。

そこで、もしもの時のためにトラブルが起きたらどのように対処すれば良いのかを事前に知っておくことが重要です。
何も知らない状態より、知っている方が冷静になりやすいですし正しい対処ができる可能性を増やすことができます。

エンジンがかからない

意外と多いのが出先で突然エンジンがかからなくなるということです。
キーをどれだけ回してもエンジンがかからないという場合には、まずメーターパネルの照明がつくかどうかの確認から始めます。

もしも警告灯をはじめとしたパネルの照明が全くつかない場合にはバッテリーが外れているか完全に上がっているかということが考えられます。
バッテリーとケーブルが緩んでいる場合にはしっかりと締め直して対処ができますが、バッテリーが上がっている場合には一人では対処できません。
近くに救援を頼める車が入れば助けてもらいますしいなければロードサービスを呼ぶことになります。

メーターパネルの照明はつくけれどもエンジンがかからない場合には、セルモーターの周り具合を確認します。
弱かったり全く回らなかったりすれば場合にはバッテリーが上がっている可能性が高いです。
セルモーターが回るのにエンジンがかからなければガソリンがない可能性が高く、ガソリンを買いに行くかロードサービスを呼ぶ必要があります。

運転中に警告灯がついたら

運転中にメーターパネルに警告灯がつくととても不安になります。
警告灯がついた場合、安全確認のためにまず路肩に車を止めましょう。
運転しながらメーターパネルの内容を確認するのは危険ですから、落ち着くためにも安全確保のためにも一度車を止めることが望ましいです。

車を止めたら警告灯が何を示しているのか確認します。
わからなければ取扱説明書やインターネットで確認しましょう。

警告灯の種類は様々であり、エンジントラブルや充電関係、ブレーキ関係だけでなく車によってはエアバックやトラクションコントロールといった安全装置の不具合の警告灯もあります。
内容によっては運転に直結する内容もありますから、そういった部分での不具合は無理に運転をするよりも状況確認のためにディーラーに電話をして適切な判断を仰ぐことが望ましいです。

もしも、ウォッシャー液の残量不足やバルブのタマ切れのような走行に直結しないものであれば注意して運転して修理工場やカー用品店、ディーラーまで向かうこともできます。
状況と場所によってベストな方法を判断して行動しましょう。

ミスをしたときの謝り方

誰もがミスはしたくないもの

人間は完全な動物ではありません。
そのため、仕事でもプライベートでもミスはするものです。

誰でも失敗を一番に避けて生きていきたいもの。
でも、そう思い通りにはいかないのも人生です。

特に仕事のミスというのは誰もがしたくてするわけではないです。
ミスをすれば職場の人に迷惑をかけることにもなりますし、場合によっては損失が出たり取引が中止となったりすることもあります。

ミスをしてしまったら、謝罪することが必要ですが、ただ謝れば良いわけではありません。
きちんと反省の気持ちを込めての謝罪が重要になります。
そこで、万が一のことがあった時のために謝罪の方法やしてはいけない謝罪方法を頭の中に入れて起きましょう。

適切な謝罪方法は意外と知られていない

何かミスが起きたらとにかく謝る!ということが頭に浮かびますが、意外と正しい謝り方を知らない人が多いです。
ビジネスの場面では誰もが謝罪しなければならない状況を作ってしまうことがあります。

正しい方法で謝罪をしなければ相手に逆に不快な思いをさせてしまったり火に油をそそぐ状況を作ってしまったりとさらにトラブルが深刻化することもあります。
ただがむしゃらに謝るだけでなく、謝罪と感情のメカニズムや、関係修復ができる謝罪方法といった心理学的なアプローチでの謝罪方法についても理解をしておきましょう。

謝罪したのに許されない場合がある

何かトラブルが起きた時、きちんと謝罪しているつもりでも相手に許してもらえなかったりさらに怒られたりすることがあります。
このような状況が起きるのにはいくつかの原因があります。

まず、自分はきちんと謝罪しているつもりでも、相手にはそれが伝わらないということです。
例えば、届けた商品が壊れていて返品交換をしたいという希望に対して不良品はすぐ送りますということを伝えても相手の怒りが収まらないのは謝罪の言葉を伝えていなかったり、交換すれば済むという気持ちが見え隠れしてしまったりしているためです。

中には自分のミスではないのに電話を自分が取り次いだために叱られてしまうということもあります。
そのような時も、きちんと心からの謝罪をしてから必要な対応をとることが重要です。

謝罪の誠意のなさや自分が悪いと思っていないということは無意識でも相手に伝わってしまうものです。
自分のミスではなくても目の前で相手が悲しい気持ちになっていることは自分たち会社の責任であり、現在会社の代表として接しているからこそ誠意を持って対応することを心がけましょう。
最初にきちんと心からの謝罪をすれば、トラブルが拡大したり、相手の怒りが増長したりすることはなく、多くの場合はこれだけでトラブルを鎮火させることができることがほとんどです。