投稿者「miorin-blog.net」のアーカイブ

大阪の旅

大阪の観光名所の魅力を紹介

関西最大の都市として、国内外から数多くの観光客を招いているのが大阪です。

大阪の観光名所と言えば、大阪城や道頓堀、通天閣、梅田スカイビル、なんばパークス、あべのハルカス、そしてUSJといったようなところがあります。
他にも穴場的な観光名所まで含めれば本当に数えきれないほど見どころがあるので、関西方面に初めて訪れる人ならどこから回ってよいかわからないくらいでしょう。

初めて大阪に旅行に来るという人のほとんどが、USJなど大きなテーマパークを利用することを目的にしているのではないかと思います。
ですのでメインとして回るところを一つ決めて、できれば移動日の数時間は大阪の市街地観光といったことに回すのがおすすめコースです。

大阪といえば食い倒れということも一つの観光になっているように、飲食店がかなり充実しています。
特に食べ歩きができるスナック系の食べ物が充実しているので、あまり一ヶ所だけでお腹いっぱいにするよりは、細かくたくさんのところで食べるようにするというのがいいでしょう。

大阪観光の楽しさ

関西方面の観光名所としてはお隣の京都府も有名です。
しかし地理的に近い場所にある京都と大阪ですが、京都が平安時代から貴族の街として発展したのに対し、大阪は安土桃山時代から商人の街として発展したという文化的な違いがあります。

そのため京都と比べて大阪は非常に物価が安く、特に飲食店の価格は全国的にも非常に安いと感じられるレベルとなっているのです。
街歩きをしていると行列ができているお店も複数あるので、出かける時には何人かと一緒に行ってシェアをしながら少しずつ食べるというのが大阪観光の定番となっていますね。

一方で珍しい建物が多くあるのも大阪という街の魅力です。
ぜひ一度は直接見てもらいたいのが「梅田スカイビル」で、ツインタワーの間に円形の穴が開いた屋根がついているという、世界的にも珍しい作りをしています。

こうした建築物は写真で見るのと実際に本物を見るのとでは印象が全く違いますので、間近にその迫力を体感してもらいたいです。
なおこの梅田スカイビルは空中庭園展望台があり、そこから大阪の夜景を見下ろすことができます。
その一方で梅田スカイビルの地下1Fには「滝見小路」という昭和の町並みを再現して作られたレストラン街があるなど、ビル周辺だけでかなりの観光名所があります。

近代的なビル群だけでなく、古くからあるお寺も大阪の観光の見どころです。
おすすめなのが菅原道真公を氏神としている大阪天満宮で、こちらでは日本三大祭の一つ「天神祭」が行われています。
学生さんや知り合いに学生さんがいる人なら学業成就のお守りを購入すると良いでしょう。

山口の旅

山口県の観光名所の魅力を紹介

山口県は中国地域の最西端に位置している古くからの港町です。
下関市豊北町は海峡を挟んですぐ向こうが北九州市という関係にあり、本州と九州をつなぐ「角島大橋」は全国的にも有名な絶景スポットとなっています。

角島大橋はしばしば自動車のCMやMVとしても使用されるドライブスポットでもあり、全長1700mにもおよぶ長い橋は、ちょうど山口県側からは坂を下ってまっすぐ海に伸びていく景色です。
橋から見える海の景色は非常に美しい色をしており、島の西側にある「門島灯台」からはそうした景色をじっくりと堪能できるようになっています。

もう一つ山口県を代表する景観が「元乃隅稲成神社」です。
こちらも美しい海を背景にしているということで共通しているものですが、稲荷神社ということで鳥居が設置されています。
険しい絶壁につけられた真っ赤な鳥居が、青い海とひときわ美しいコントラストを映し出しているのです。

見どころは鳥居が123基連なる形で作られている石段で、それらをくぐり抜けて歩くだけでも神聖なところに来たという気持ちになるでしょう。
この元乃隅稲成神社のある絶壁は「龍宮の潮吹」と言われるほど波打ち際に激しい飛沫が見られる特徴があり、こちらの絶景も一度は見ておきたい場所とされています。

裏参道には高さ5mの巨大稲荷があり、その天板付近にはお賽銭箱が設置されています。
投げ入れたときにうまく賽銭箱に入ると願いが叶うと言われているので、訪れた時にはぜひ運試しとしてやってみてくださいね。

山口観光の楽しさ

山口県の特徴は世界的な絶景スポットが多いことですが、もう一つ海の幸が豊富に食べることができるといううのも魅力ですね。

下関といえばふぐ料理が有名で、これはふぐの取扱量が日本一であることからもよくわかります。
ちなみに下関では「ふぐ」ではなく幸せを呼ぶということで「フク」と呼んでいます。

ふぐは非常に強い毒を持っていることから専門の調理師がいるお店でなければ取扱ができないことから、他の地域ではそう多く食べることはできません。
しかし山口県内にはふぐを取り扱うお店があちこちにあり、また非常にレベルが高く、定番のふぐ刺しの他、ふぐちりや唐揚げ、ヒレスープなどふぐのフルコースも注文できます。
絶景を求めて山口県を訪れるという人も多いですが、そこで地元料理を食べてそのおいしさにびっくりするということもよくあります。

他にもお酒や果物なの本当にたくさんのおいしいものがあるのが山口県なので、ぜひ訪れる時にはいろいろ街歩きをしながら試してみてもらいたいです。
おすすめなのが「ういろう」で、こちらはわらび粉や葛粉を使っているというところに特徴があります。

奈良の旅

奈良県の観光名所の魅力を紹介

関西方面に旅行をする時にちょっとした穴場となっているのが奈良県です。
関西旅行と言えば世界的に有名な京都観光が最もメジャーで、次いで大阪の市街地やUSJといったところを回るコースが一般的ですね。

奈良県は関西方面では比較的地味な印象がありますが、日本最古の都があった土地ということもあり、歴史好きな人にとってはたまらないスポットも数多くあります。
また大阪や京都からの交通アクセス環境も非常によいので、奈良メインでなくとも関西方面を巡る旅の一つとしても訪れるのも良いでしょう。

奈良県を代表する観光スポットとしては、東大寺や春日大社、奈良公園といったところがあります。
ちょっとマニアックなスポットもめぐりたいという人におすすめになるのが首切り地蔵や地獄谷石窟仏ですね。
歴史が深い土地ということもあって遺跡や自然風景から漂う雰囲気も奥深いものがあり、その土地に入っただけでなんとなく神聖な気分になるというような場所もあったりします。

観光地としてすっかり整備された京都や大阪と異なり、どことなく垢抜けないような素朴さを感じることができるのも奈良県の魅力と言えるかもしれません。

奈良県には大和野菜という地元ならではの野菜があることでもよく知られており、一見同じような料理でも珍しい内容になっていたりします。
細かいところから感じる歴史の深さがあるということこそが、奈良県を観光する最大の醍醐味と言えます。

奈良旅行をする楽しさ

奈良県を観光に行く人の多くは他の関西の名所も回るスケジュールをとっていることと思いますが、思い切ってならメインにすることを強くおすすめします。
というのも奈良県というのは有名な観光名所がある一方で、何気ないような場所にきらりと光る魅力があるという、穴場だらけの場所であるからです。
なので観光名所を回りつつ、ぶらぶらと街歩きをしてみることで、他の観光地にはない魅力を堪能できるでしょう。

おすすめのスポットとしては近鉄奈良駅からすぐにある「ひがしむき商店街」からの街歩きで、一見普通の商店街のようでありながら、東京下町のようなごみごみした印象が全くない、不思議な雰囲気をしています。
商店街からすぐのところに猿沢池という大きな池が突然目の前に出てくるので、その周辺を回ってみるとよい散歩コースになりますね。

この猿沢池の周囲には整備された歩道があるので、それに沿って歩くことで東大寺の五重塔など有名な建造物を眺めることが可能です。
奈良県のご当地グルメとしては先にも述べた大和野菜の精進料理などがありますが、他にも茶粥や柿の葉寿司、吉野葛、三輪そうめんなどたくさんのお店があります。