作成者別アーカイブ: miorin-blog.net

自炊頑張るぞ!

自炊頑張るぞ!と思ったら

自炊をすることにはたくさんのメリットがあります。
まずは節約です。
外食をするよりも自炊の方が格段にリーズナブルです。

そして、自炊の方が栄養バランスが整った食事をすることができます。
ダイエットはもちろんですが健康的な食事をすることができるので健康効果も期待できます。

とはいえ、一人暮らしの自炊はとても大変です。
仕事をして帰宅してから家事をしてご飯の支度をするというのはかなりハードであり挫折することも少なくありません。
そこで、うまく自炊生活を乗り切るためには色々と工夫が重要です。

作り置きや冷凍保存を活用する

自炊をするとなっても、毎日仕事から帰って自炊をするというのは大変なことです。
そこで、帰ってきて調理する時間を最低限にできるよう工夫することが自炊をうまく続けるためのコツになります。

例えば、仕事が休みの日にある程度のおかずを作っておいたり、すぐに調理できるように下準備した野菜や肉類を冷凍保存しておいたりすれば、仕事から帰っての調理は電子レンジで温めたり、焼いたりといった最低限の作業で済ませることができます。
冷蔵庫の中を見ながら何を作ろうかと考える時間を省けるだけでもかなり楽ですし自炊が続けやすいです。

便利グッズを積極的に利用する

一人暮らしのキッチンは狭いことも多く、コンロも火力が弱かったり一口コンロだったりすることも多いです。
そのような環境では調理がしにくく時間もかかることが多いので、自炊を面倒に感じることもあります。

そこで、電子レンジをはじめとした便利グッズはどんどんと利用して少しでも調理の手間が省けるように心がけましょう。
パスタも電子レンジで茹でる道具が売られており、これを使えば電子レンジでパスタを茹でている間にコンロでパスタソースを作ることができるので調理もスピーディーでなおかつ簡単に仕上げられます。

全てを自分でやろうとしない

自炊を始めたら、最初のうちはなんでも自分で作らなければと思いがちです。
しかし、それが自炊が長続きしない理由ですから、無理に全てを自分でやろうとする必要はありません。
仕事が忙しく疲れてしまった日やストレス発散に友人と楽しみたいと思った日は無理せず外食をしても構わないですし、外でお弁当を買っても良いのです。

できるだけ自炊をしたいと思えば、外でお弁当を買う以外にもおかずだけ買って帰って家にあるご飯と一緒に食べたり、レトルト食品を利用したりという方法もあります。
自炊をうまくするためには息抜きも重要ですが、それと同じくらい家で食べることを増やすということも重要です。
お惣菜を買ったとしても、家で食べる方が外食よりはリーズナブルですしご飯やお味噌汁を用意することができるので、栄養バランスも取りやすいです。

1日中お掃除。。

気付けばいつも部屋が汚い

部屋を汚しているつもりもないのに、なぜかいつも気付いたら部屋が散らかっています。
休みの日にはいつも一日中かけて掃除をして、また毎日の生活で汚して、というループが続いているのです。

自分でも休みのたびに床が見えない状況になっていることにうんざりしています。
もう同じことを繰り返さないためにも、ここで一念発起して綺麗な部屋とそれが維持できる状態を目指すために一日中掃除をしたいと思います。

まずは部屋が汚くなる原因を考える

なぜ部屋が汚くなるのでしょうか。
多くの場合、部屋の中でものの居場所が決まっていないことや収納以上のものが部屋にあふれているということが考えられます。

物に居場所がないということは、片付ける場所が決まっていないということであり、そのためにとりあえずどこかに一時的にものを置いてしまい、それが溜まりに溜まって部屋が汚れていくのです。
そしてこの傾向に当てはまりやすいのが部屋にものが多すぎることが原因です。
部屋に物が多すぎると、物の居場所を決めにくく、これが部屋が汚れる悪循環を作り出します。

いらないものを処分する

少しでも早く片付けるために、とにかくものを仕分けましょう。
いらないものを捨てようとしても、人によってはなかなか捨てる勇気が持てない人もいます。
そのような人は、ダンボールを用意して仕分けをすると進めやすいです。

まずはダンボールを3つ用意して、捨てる、考える、残すの3つに仕分けていきます。
物が少なくなってくると、考えると残すに選んだものも必要か不要か、捨てるべきかということが見えてきやすくなり、ゴミを出す作業が進めやすくなり効率的です。

この作業をするだけでも、かなりのものが減らせます。
そして、すでに部屋の床は片付きますし同じように床にものが溜まる状況は打破できます。

物の居場所を決める

一通りのものが片付いたら、次にものをどこにしまうのかという居場所を決めていきます。
この居場所がきちんと決まれば、出したものを片付ける習慣がつくので部屋が汚くなることはありません。

ものを片付けながら居場所を決めていると、途中でものがしまいきれないことが出てきます。
そのような時には100円ショップのアイテムを中心とした収納グッズを利用してうまく収納したりさらにいらないものを処分したりということをして全てのものにきちんと居場所を決めていきます。

この作業もかなり手間がかかるため、ほとんどの場合一日かけて行うことになります。
人によっては物が多いと一日では済まないこともあります。
そこで、もしも一日では済まなそうと思ったら場所を分けたり作業を途中で切り上げたりして数日に分けて行うようにしましょう。

沖縄観光の旅

アルバイト代をためて高校時代の親友と沖縄旅行へ

高校時代の親友がいます。
彼女とは中学から一緒で、高校も一緒、大学は違うところに行ったけど、今も仲良くごはん行ったり、女子会したり、どっちかの家でお鍋したりとずっと仲良くしています。
いずれ、就職で違うところに行くかもしれないけど、ずっと親友です。

高校卒業の時、彼女と大学生になったら休みの時、アルバイト代貯めて沖縄旅行に行こうねって約束していたのですが、やっと実現しました。
二人で計画して、行きたいところをチョイスして、沖縄旅行に出発、憧れの沖縄の海も思い切り満喫したいし、沖縄のおいしい食べ物も満喫したいと、色々な「欲」を持ちながらワクワク沖縄良好の開始です。

絶対に行きたかった美ら海水族館

彼女と絶対に行きたいねといっていたのが、首里城と沖縄美ら海水族館、まずは水族館に行ってきました。
心から見てみたいと思っていた水族館です。
実は、私兄がいるのですが、兄の高校の修学旅行先が沖縄で、美ら海水族館はスケールが違う、圧倒された、一回見ておく方がいいといわれてきたのです。

私達の高校の修学旅行は北海道だったので、やっと念願かなって来ちゃいました。
兄がいうように、圧倒というか圧巻というか!スケールが本当に違います。
ジンベイザメが泳ぐ大きな水槽はブルーで美しく、そこを悠々と泳ぐジンベイザメの大きい事といったら驚きました。
全面ガラス張りなので余計に圧倒されます。

沖縄旅行に来る人のほとんどが、来るいわれる水族館だけあって、ジンベイザメもナンヨウマンタも本当に口があんぐりしてしまうほどに巨大で美しかったです。
同じ地球に暮らしていると思えないほど、圧倒的な大きさでした。

おひるごはんのついでといってはなんですが

近くにおいしいそーきそばのお店があるという事も聞いていたし、首里城も沖縄にいたら見たいところだったので、行ってきました。
琉球王国の歴史を伝える首里城は、琉球、中国、日本、朝鮮などと貿易、外交を行った主軸であり、華麗な王朝文化を象徴する建物です。

歴史深い建造物という事もあり、美しく荘厳で沖縄でしか見る事の出来ない建物だと感じました。
沖縄の文化が象徴されているようなダイナミックさと繊細さが入り混じったような建造物も圧巻です。

橋で渡る事が出来る離島、古宇利島へ

ここは一緒に行った親友が絶対に行ってみたいといっていたところです。
橋で渡る事が出来る古宇利島(こうりじま)は、那覇から車で1時間半、レンタカーを最初に借りていたので、この橋を車で渡りました。
海の上を車でそのまま走っているという感じで、なんだか違う国にきたような感覚です。

沖縄の海は美しく、透明で、本当にきれいでした。
恋の島、神の島と呼ばれるこの島をつなぐ橋「古宇利島大橋」は海の上を延々と島まで結んでいます。

ここは彼と来るべきところだねと、二人とも、彼とまた来よう……という気持ちを持つ位、ロマンチックで美しくて、涙が出るほどの景色です。
沖縄は見所が多すぎてなかなかお伝えできない部分が多いのですが、石垣島から渡った竹富島の牛車、そこで歌ってくれた島唄、何もかもが素敵な思い出となっています。