カテゴリー別アーカイブ: らいふ/LIFE

郵便物を整理整頓すると気持ちいい

郵便物の保管で困ること

毎日届く郵便物ですが、忙しいからと言って届いたものをそのままにしておくと、みるみるうちに一杯になっていってしまいます。
一人暮らしの人などは特に届いた郵便物は差出人だけさっと確認して、とりあえずテーブルやサイドボードの上などに置きっぱなしにしていることが多いのではないでしょうか。

しかしそうした「あとからまとめて整理しよう」と思っている郵便物は、気がつけば山になってしまったりして部屋を乱雑にする原因になってしまいます。
これが単に部屋が散らかるくらいならいいのですが、各種公共料金の請求書やクレジットカードの支払いなど重要な郵便物が埋もれてしまうと滞納となってしまいます。
そこからかなり面倒な手間や延滞金が発生してしまうことになるでしょう。

郵便物は一つ一つは小さなものなので、つい後回しにしてしまいがちですが、貯まる前に細かく片付けをしていくことが整理整頓のコツになってきます。
どうしても郵便物をためてしまいがちな人は、まずテーブルの上などの雑多に置くという習慣はやめて、専用の郵便ラックなどを購入することがおすすめですね。

といっても洗濯カゴのような大きなボックスを郵便ラックにしてしまうと、置き場所が異なるだけで机の上の保管と全く一緒になりますので、新たにラックを購入するなら分別ができるものを選びましょう。

整理方法、ポイント

郵便物を整理整頓するにはまず「レターラック」として販売されているものを購入しましょう。
レターラックは壁掛形と据え置き型がありますが、整理整頓が苦手という人には壁掛形のものがおすすめです。
というのも人は視界に入るところに自然にものを置くクセがあるので、目の高さにラックを吊り下げておくことで、自然に整理する習慣をつけることができるからです。

レターラックは安いものなら1000円以下から購入できますので、部屋のインテリアに合わせて複数のポケットがあるものを選んでください。

複数のポケットが必要なのは、緊急度を区別することができるからです。
郵便にも、請求書など期限内に処置が必要なものもあれば、DMなど特にそこから何かが必要なわけではないというものもあるでしょう。
ですのでラックには「重要なもの」「保管が必要なもの」「目を通したら不要になるもの」といったように項目をつけて、それぞれの中に入れておくようにします。

いずれにしてもただ入れるだけではすぐにいっぱいになってしまいますので、定期的に中身をチェックして、不要なものは廃棄などしていくようにしましょう。
きちんと整理されているラックはそれ自体がステキなインテリアにもなりますので、毎日の生活を管理するということでしっかり毎日の整理習慣につなげてください。

台所の排水溝周りをキレイに保つ!

排水溝の掃除を怠るリスク

夏場になると気になるのが排水口のニオイですね。
外出時に部屋を閉め切って出かけたあとなど、玄関の扉を開いた瞬間になんとも言えない不快なニオイがぷーんと臭ってくるというようなこともあります。
台所の水場は何かと汚れがつきやすいところですが、シンクやレンジなど目につくところは比較的丁寧に掃除をしている人も、案外排水口までは掃除をしていないということもあるでしょう。

排水口の汚れの原因としては、調理やお皿洗いで発生する排水についた食べかすや洗剤のカス、排油といったものです。
こうしたものはシンクから流しても排水口の壁面にこびりつきますので、それが蓄積されていくことにより嫌なニオイの原因になります。
特に夏場は気温と湿度が高くなって雑菌の繁殖がしやすくなるので、閉め切った室内では排水の残りもあって、より雑菌が活発に繁殖して嫌なニオイを作り出してしまうのです。

家庭用シンクの排水口は普通の屋外などにある水道とはややしくみが異なっており、フタを開くと複数の器具が組み合わさっています。
こうした器具類はもともとは生ゴミなどが直接排水口に入り込んで詰まりを起こすのを防ぐという役割の他、ニオイがしにくくするために設置されています。

台所の清掃をするときにはシンクだけでなく、そうした細かい排水口の器具も一緒に洗うようにしましょう。

対応策、キレイに保つコツ

排水口の掃除については、特にニオイが強くなりがちな夏場前から対策をしておくことが勧められます。
まず清掃の手順としては、シンク全体を洗剤で洗うとともに、だいたい3日に1回くらいの頻度で排水口を開いて内部を清掃するようにしていきましょう。

排水溝内にある器具は、まず一番上に取り付けられているフタとともに、ゴミ受けのためのかご、さらに内部に小さなコップのようなものが逆さまになっているのが普通です。
この逆さまのコップのような器具は「排水トラップ」という名称で、下水からニオイが上がってくるのを防ぐ役割をしています。
しかし逆さまになっているという構造上、内部にゴミが蓄積されやすく、取り外して見るとぬるっと水垢がこびりついているのがわかります。

洗い方としては台所用として販売されている塩素系漂白剤を使い、スプレーなどで吹付けをしてブラシでゴミを落としていきます。
特にゴシゴシしなくても塩素系洗剤に浸け置きしておくだけでもかなり綺麗になりますので、できるだけこまめに洗うようにしましょう。

また、排水トラップを外したあとの排水口の壁面にも水垢が堆積しやすいので、そちらも洗剤をスプレーしながらブラシを使って汚れを落としていきます。
こまめに洗うことで排水管の詰まりを防ぐこともできるので、余計な排水トラブルを避けることにもなりますね。

自炊頑張るぞ!

自炊頑張るぞ!と思ったら

自炊をすることにはたくさんのメリットがあります。
まずは節約です。
外食をするよりも自炊の方が格段にリーズナブルです。

そして、自炊の方が栄養バランスが整った食事をすることができます。
ダイエットはもちろんですが健康的な食事をすることができるので健康効果も期待できます。

とはいえ、一人暮らしの自炊はとても大変です。
仕事をして帰宅してから家事をしてご飯の支度をするというのはかなりハードであり挫折することも少なくありません。
そこで、うまく自炊生活を乗り切るためには色々と工夫が重要です。

作り置きや冷凍保存を活用する

自炊をするとなっても、毎日仕事から帰って自炊をするというのは大変なことです。
そこで、帰ってきて調理する時間を最低限にできるよう工夫することが自炊をうまく続けるためのコツになります。

例えば、仕事が休みの日にある程度のおかずを作っておいたり、すぐに調理できるように下準備した野菜や肉類を冷凍保存しておいたりすれば、仕事から帰っての調理は電子レンジで温めたり、焼いたりといった最低限の作業で済ませることができます。
冷蔵庫の中を見ながら何を作ろうかと考える時間を省けるだけでもかなり楽ですし自炊が続けやすいです。

便利グッズを積極的に利用する

一人暮らしのキッチンは狭いことも多く、コンロも火力が弱かったり一口コンロだったりすることも多いです。
そのような環境では調理がしにくく時間もかかることが多いので、自炊を面倒に感じることもあります。

そこで、電子レンジをはじめとした便利グッズはどんどんと利用して少しでも調理の手間が省けるように心がけましょう。
パスタも電子レンジで茹でる道具が売られており、これを使えば電子レンジでパスタを茹でている間にコンロでパスタソースを作ることができるので調理もスピーディーでなおかつ簡単に仕上げられます。

全てを自分でやろうとしない

自炊を始めたら、最初のうちはなんでも自分で作らなければと思いがちです。
しかし、それが自炊が長続きしない理由ですから、無理に全てを自分でやろうとする必要はありません。
仕事が忙しく疲れてしまった日やストレス発散に友人と楽しみたいと思った日は無理せず外食をしても構わないですし、外でお弁当を買っても良いのです。

できるだけ自炊をしたいと思えば、外でお弁当を買う以外にもおかずだけ買って帰って家にあるご飯と一緒に食べたり、レトルト食品を利用したりという方法もあります。
自炊をうまくするためには息抜きも重要ですが、それと同じくらい家で食べることを増やすということも重要です。
お惣菜を買ったとしても、家で食べる方が外食よりはリーズナブルですしご飯やお味噌汁を用意することができるので、栄養バランスも取りやすいです。