びよう/BEAUTY」カテゴリーアーカイブ

乾燥による化粧崩れを防ぐ方法(^^)

メイク崩れの原因

冬場の空気が乾燥しがちな季節には、どうしても化粧崩れが起きやすくなります。
化粧崩れというと大量に汗をかく夏場が注目されますが、実は空気が乾燥する時期にもよく起こる現象です。

まずなぜ空気が乾燥すると化粧崩れが起こるかというと、それは顔から分泌される皮脂の量が減ってしまうということが原因です。
空気が乾燥して部屋の湿度が下がってくると、皮膚内にある水分が蒸発しやすくなってしまうことから、肌が本来持っている潤いが損なわれてしまいます。
肌内の水分量をとどめておくのは皮膚表面に分泌される皮脂成分なのですが、水分が多く蒸発してしまうことで皮脂量も減り、肌表表面がカサカサと粉をふくような状態が起こってしまうのです。

市販されているファンデーションなどは、肌の皮脂とまざりあうことで定着するようになっていることから、肌が乾燥しているところに直接つけてしまうと肌にうまく定着せずに浮き上がるようになってしまいます。

その結果、肌表面のかさつきが目立ったり、すぐに化粧が落ちてブレができたりといったことが起こるのです。

朝と夜のスキンケア方法

言い換えれば、化粧崩れを防ぐためにはまず肌質を整えなければいけません。

冬場のメイクで重要なのがベースメイクで、まずは化粧水などで肌の調子を整え肌にうるおいができるように水分を与えましょう。
特に朝起きたばかりの時間帯には肌乾燥がしやすいので、朝のスキンケアは重要です。

とはいえ朝の忙しい時間帯にしっかり時間をかけたケアをするのは難しいので、短時間でできるメイク用品を用意することがおすすめになります。
ナノケアと言われるような浸透力の高いベースメイク製品を使うことで、すばやくすっと肌に水分を与えられるでしょう。

または夜寝る前にたっぷりと水分を含ませるようなケアをして、朝乾燥をしないようにするということも大事です。
乾燥しないようにするためマスクをつけたまま寝るというのも良いですね。

崩れを防ぐメイクテクニック

実際にメイクをする時にも、ちょっとした工夫をすることでメイク崩れを防ぐことが可能です。
特に乾燥肌の人は冬場のメイクの定着が悪くなりますので、できるだけ厚塗りをすることは避けてナチュラルメイクをしていくようにします。

特に普段からコンシーラーを用いている人などはそれが原因でメイク崩れになることが多いので、コンシーラーを用いる時にはファンデーションとの相性を考えて使っていきましょう。

コンシーラーとファンデーションの素材があっていないと、そこで分離が起こってメイク崩れになってしまいます。
ファンデーションで色ムラが起こらないようにメイクをするなど、あまり多くの素材を肌に乗せないようにしていきましょう。

間食の時間を工夫してます

間食におすすめの食材、効果

ダイエットの大敵とされているのが間食です。
特に意識をせずに生活をしていると、ちょっと小腹が空いたと言って手近にあるお菓子などに手を伸ばしてしまうことがあるでしょう。
しかし間食をすることで一日のカロリー量が大幅に増加してしまうことがよくあり、また「お腹が減った」という感覚を得にくくなってしまうことから、痩せにくい体質を作ることになってしまいますね。

その半面で間食そのものが完全に悪というわけではありません。
お腹が空きすぎてしまうと、血糖値が下がった状態になるので集中力が途切れがちになってしまい、仕事や勉強の効率が落ちてしまうことになります。
子供などは胃腸の大きさそのものが小さいので、間食をすることで適切にエネルギー補給ができるというメリットもあるのです。

間食がどうしてもやめられないという人は、まず間食として食べる食材について調べ、食生活に悪影響を与えないようにしていくということが大切になります。

間食として勧められる食材としては、少量で満腹感がありかつ血糖値を上げることができる干しいもなどがおすすめです。
つい食べすぎてしまうという人にあるのが早食いの傾向ですので、食べるときに噛みごたえがあり、何度も咀嚼をする食品にすることで、少ない量でも満腹感を感じられるでしょう。

全体的に間食ではスナックなどの加工食品ではなく、果物や野菜スティックなどそのままの素材として食べることができるものを選ぶようにしてください。

夜間の食べ過ぎによるデメリット

間食をするにしても、昼ごはんと夜ご飯の間に食べるおやつは実はそれほど悪いものではありません。
もちろんたっぷりのケーキやチョコレートなどはカロリー量が高すぎるので問題ですが、食べた後に活動をすることからエネルギー補給として役立つというメリットがあります。

一方で、よくない影響をおよぼす間食が夜食です。
特に寝る前に食べる習慣は非常に体によくないので、ものを食べるのは就寝の2時間前までにしておきましょう。

夜食がなぜ悪いかというと、まず肥満のもとになるからです。
就寝前の食事はその後エネルギーが消費されないままになることから、そのまま体重にすぐ反映されることになってしまいます。
実際に肥満体質の人の10~15%くらいは夜食を食べる習慣があるとされており、高い相関関係があることがわかっているのです。

ただし夕食を決まった時間に食べることができないような人の場合、お腹が空きすぎて眠れないということもあります。
そうした場合はできるだけ消化のよいおかゆやうどんなどを少しだけ食べるようにしていくことで、ほどよい夜食として体によい影響を与えることができます。

腸活はじめます!

腸活とは

ダイエットにもアンチエイジングにも大きな注目をされているのが「腸活」ですよね。

人の体の中には数多くの細菌がいることはよく知られていますが、中でも腸内には最も多くの数が存在しています。
体内にいる細菌数は約10兆個、重さにしてみると1~2kgとされており、口腔内や皮膚にも存在していますが、腸内にいる細菌は全体の約90%とされているのです。

人の体の不調はその細菌のバランスが崩れ、人体にとって悪影響のある細菌の数が増加することによります。
「腸活」とは、そんな人体の健康に非常に重要な役割をしている腸内細菌に注目し、腸内にある善玉菌を増加させるための活動です。

腸内細菌の数やバランスは年齢によって大きく変化をしていくという特徴があり、加齢とともに次第に悪玉菌が増加する傾向があります。
また年齢が若いうちであっても生活習慣によりバランスが崩れることがよくあるので、普段の生活の中で自然に腸内細菌のバランスを意識していくことが大切ですね。

間違った考え方

しかし一方で「腸活」など腸内細菌を調節することによる健康法が有名になってきたということから、誤った情報も出回るようになってきました。
中にはそうした方法を続けることにより、腸内環境がかえって悪化してしまう危険なものもあるので、実行する前にはしっかり根拠を確認してから行うようにしましょう。

まずよくある誤った腸活例として、納豆やヨーグルトの食べ方があります。

納豆といえば腸内の善玉菌を多く増やしてくれる代表的な食品なのですが、実は熱に弱いという特性を持っています。
そのため納豆を食べるときに炊きたてのごはんの上に乗せて食べるという方法をしてしまうと、せっかくの納豆菌が死滅して、腸まで届かなくなってしまうのです。
同様に納豆料理のアレンジとして熱々のみそ汁に入れたり、野菜炒めに入れたりといった方法も、せっかくの納豆菌の効果を激減させてしまうので、NGな調理法と言えますね。

もう一つがヨーグルトで、朝食にヨーグルトだけを食べるという場合、空っぽの胃の中に入ると胃酸によってビフィズス菌がほとんど死んでしまうということが起こります。

ヨーグルトにしても納豆にしても、夜寝る前に食べる方法が最も効果が高いとされています。
食べるタイミングを考えて摂るようにしましょう。

腸活の基礎知識

正しく腸活をしていくためには、腸によいとされる食品「だけ」をたくさん食べてもあまり効果はありません。
腸内細菌は食品だけでなく、睡眠時間や睡眠の質、精神的ストレスにも大きな影響があります。
健康によい食品の摂取はあくまでも補助的に行うものであり、まずは生活習慣全体を見直し、その上でよりよい健康づくりができるように加えていくという方法がおすすめです。