カテゴリー別アーカイブ: びよう/BEAUTY

ヨガを久しぶりに

柔軟性のある体になりたい

ジョギングし始めて体が大分動くようになってきたという時、友人に誘われてまたヨガに行き始めました。
といっても、大学でヨガのサークルがあって、そこに講師の先生が来てくれてみんなでヨガを楽しむというものなのでお金かかってません。
体の柔軟性がないと、女性らしい体つきにならないという事なので、ジョギングである程度の筋力をつけて、ヨガで柔軟性のある女性らしい体つきを目指そうかな?と思っています。

ヨガはゆっくりした動きなので私もできると、以前大学のこのヨガサークルによく顔を出していたのです。
最近アルバイトなど忙しく行けていなかったのですが、友人からジョギングでダイエットしているのなら、筋肉のほぐしにおいでよと誘われたのです。

太りにくい体質にしてくれるヨガ

ヨガの先生が、「ダイエットしているなら、ヨガは最適だよ」と声をかけてきてくれました。
ヨガの姿勢を維持しながら、呼吸法をしっかり行うと、新陳代謝が向上して、脂肪燃焼効果がアップするのだとか、これによって太りにくい体になるし、便秘とか、肌荒れなどにも効果があるのよって説明してくれました。

こういう説明をしてもらえると、目的意識をもってヨガも頑張ろうという気持ちになるし、ヨガの場合、場所を選ばないので、ジョギングの後にストレッチの意味を込めて行ったり、お風呂上りにちょっとヨガのポーズをとるなどしているうちに、だんだんとヨガポーズをとれるようになっていきました。

先生曰く、できないポーズはここまでならできるなっていう所で止めて無理なく行う方がいいといいます。
無理な姿勢で苦しいイメージがついてしまうと、継続できなくなってしまうのだそうです。
継続する方が絶対にいいので、無理せず、自分ができる範囲で行う事が大切といわれました。

ジョギングと同じ有酸素運動なのだという事

ジョギングは有酸素運動なので、新陳代謝が上がるという事は知っていました。
現に、あまり汗をかく方ではなかったのですが、ジョギングを始めるようになってから、ちょっと動くと汗をかけるようになったのです。

ヨガの先生が、ヨガも有酸素運動だから相乗効果もあったのかもね?といわれました。
ヨガは呼吸法が非常に大切で、呼吸をしながら筋肉を意識して、体を動かすという運動です。
脂肪燃焼のために血液内に酸素をたくさん送り込むことが必要ですが、ヨガもジョギングも同じように、たくさんの酸素を取り込みながら行う運動なので、血液の中に酸素が敷かk利含まれて、代謝が向上、だから痩せやすくなるのですって。

確かに……ジョギングとヨガをはじめたことで、体が軽くなったし、便秘もなくなった、それにヨガの効果は抜群で、ウエストがかなり絞れたのです。
これは彼に自慢しましたよ。

ジョギング始めました

太った、やばい、本当にやばい

カフェでアルバイトするメリットに、従食がおいしいという事があります。
大学生、お小遣い少ないという人が多いので、私の友人たちも焼き肉店とか居酒屋さんとか、そういう所でアルバイトする事が多いのです。
なぜって?飲食店系は、従食があるからです。

1食、ただで食べられるというのは、貧乏大学生にとって大きな魅力です。
アルバイト先で1食食べられるという事を計算して、食費を考えればいいので、多くの学生が飲食店系のアルバイトを選択しています。

私も、もともとカフェでアルバイトしたい、絶対カフェがいいと、憧れていたけれど、やっぱり従食は魅力でした。
なんでもいいよって作ってくれるので、時にパンケーキにしたり、ハンバーグプレートにしたり、我がままにいろいろ作ってくれるキッチンスタッフに甘えて、いいように食べていたのです。

すると……ある日、以前はいていたジーパンが入らないという事に気が付く、え?これそんなに細かった?と思い、高校生の時のスカートをはいてみる、すると、これもはまらない、という事は、「私、太った?」あわてて体重計に乗ってみると4キロも太ってるという事に気が付きました。
これはもう、顔にも絶対肉がついているし、腰回りもやばい、ウエストに来ているという事は、足にも来ている……と青くなり、ダイエットを誓いました。

ダイエット、やっぱりジョギング?

最初はアルバイトに行くとき、ウォーキングして行こうと思っていたのですけど、結構汗をかいてしまい、カフェですからやっぱり清潔にアルバイトしたいですよね。
だからカフェまでウォーキングするというのは却下、ではどうしようと思いついたのが、ジョギングです。

私がすんでいるところの近くにちょっと広めの公園があって、その外周をよくジョギングしている人が多いのです。
主婦の方かな?と思う人いるし、サラリーマンさんもいるし、もちろんスポーツしているのかなという学生さんもいます。

ここに混ざってジョギングしようと決定、彼に話をしたら、アルバイトがない時とか付き合ってくれるとお話しです。
ジョギングでまた彼との時間が増えるというのも嬉しい事実なのかもしれませんが、何より、健康的に痩せるのが目的です。

格好から入りたい私

昔からなんですけど、格好から入りたい人なのでスポーツ店に行って、今どきのおしゃれなジョギングウエアをゲットしてきました。
パンツの上にスカートがあるようなかわいいデザイン、こういう風に格好が決まると、やる気になるのが私です。

ジョギング開始からまだ体重的には2キロほどしか落ちていないのですが、ウエスト、足首などが引き締まったイメージです。
毎日は無理なので(もともと運動神経無、体力無の人)曜日を決めず、1週間に3回走るという事で、とりあえず継続できています。

半身浴に挑戦♪

美容にもダイエットにも良い

半身浴って、美容にもダイエットにも良いんです。
ただ、お湯につかっているだけなんですけど、その効果は素晴らしいものですよ!

簡単にできる半身浴なんて誰でもできますが、実は注意点もあれば効果的な方法もあります。
半身浴に挑戦してみたので、最も効果的な方法についてご紹介しますね!

まず、半身浴には5つの効果があります。
半身浴は全身浴に比べると、身体への負担が少なくとても汗をかける入浴法なんです。

また半身浴によって、消費されるカロリーはだいたい100カロリー程度です。
ダイエットに関して、半身浴は即効性があるわけではありませんが、消費カロリー以上のダイエット効果は期待できます!

また、半身浴にはストレス解消効果、冷え性改善効果、疲労回復効果などがあります。
その他にも、美肌効果があって、毛穴から余分な皮脂や老廃物が出ていき、肌を綺麗にしてくれます!

人は、身体に乳酸が溜まることによって疲労を感じます。
半身浴をすることで血液の循環が良くなって、溜まった乳酸も体の外へと促しやすくなります。

疲れた時には半身浴!
ストレス解消にも半身浴!
みなさんも挑戦してみてくださいね。

半身浴

半身浴の具体的なやり方

半身浴はぬるめのお湯で行います。
具体的にいえば、37℃から40℃程度です。

のぼせやすい人は、もう少し下げると良いでしょう。
普段は熱いお湯が好きだという方は、40℃以上のお湯で半身浴をするのはダメですよ!

換気扇はとめて、上半身にはタオルをかけて、お風呂のフタをしめて顔だけ出して行う方法が一番効果的です。
サウナ感覚で行うと、より心地よいと思います。

半身浴中の姿勢は、足を伸ばして湯船に座った時に、みぞおちに水面があたる程度がベストです!
お湯につかった瞬間にダランとしたらいけません。
頭はまっすぐ、タオルを首元にまいて、血流の流れを感じ取るような姿勢を保ちます。

半身浴をして汗をかきはじめるのは20分程度かかるので、最低でも20分以上の入浴が必要です。
入浴時間が長ければ長いほど、効果を実感できます。

でも、長い間お湯につかっていると、身体の中の水分が失われてしまいますから、ちょっとずつ水分補給をしながら行います。
絶対にしてはいけないのは、お酒を飲みながらの半身浴です!
のぼせて、お酒のまわりが早くなっちゃいますよ!

半身浴をするタイミングについて

半身浴をするタイミングにはポイントがあります。
食後は、食べたものを消化するために、内臓が働いています。
入浴することで体に大きな負担がかかります。

食事をしたあとの半身浴は、気分が悪くなってしまう可能性があります。
食後、しばらくたっていて満腹感があるのなら同じですから、時間をあけましょう。
また、生理中も半身浴は避けたほうが良いでしょう。

半身浴は、お湯の量が少なくてすみますよね。
なのに汗を大量にかいてデトックスできる!
まさに節約しながらの健康的ダイエット法です!
お腹のお肉とか、贅肉が気になっている人間にとっては、まさに最高のダイエット法だともいえますよね!