カテゴリー別アーカイブ: びよう/BEAUTY

岩盤浴に行ってきました♪

岩盤浴の効果

ダイエットをしている人、美容意識が高い人の中には定期的に岩盤浴に通っている人がいます。
多くの人が岩盤浴はダイエットや美容に良いという意識はありますが、具体的に岩盤浴の何に効果があることであり、どんな効果が得られるのかということは理解できていない人も多いものです。

正し区岩盤浴の知識を身につけていないとせっかく入っても思うように効果を得ることができません。
そこでここでは岩盤浴の効果とそれを得るための効果的な入り方を紹介していきます。

岩盤浴とは

そもそも岩盤浴とはなんでしょう。
岩盤浴というのは、室温が45度前後で湿度が60パーセントから80パーセントに設定された暖かな部屋であり、床面が岩盤になった空間です。
サウナに似ていますが、体の芯から温まることができますし、湿度が高く室温も高すぎないために長時間過ごしやすい環境になっています。

運動をしなくても室内でぼーっとしたり読書をしたり寝転がったりしているだけで大量の汗をかくことが可能です。
汗をかくことでスッキリとリフレッシュができるだけでなく代謝アップや余計な水分を排出することでダイエットやむくみとりといった効果もあるため多くの人が利用しています。

効果的な入浴法

岩盤浴はただ室内で過ごすのではなく、時間や入浴方法に工夫をすることでより汗をかきやすく代謝を上げることができます。
まず、入浴時間としては20分ほど、うつぶせ寝と仰向け寝を10分ずつ交互にすることが効果的です。
もしも暑くて長くいられない場合には5分ずつでも構いません。

この1セットをしたら5分ほど休み、最終的には3セットから4セットして1時間から1時間半過ごすのが理想のメニューです。
慣れてくると一度の入浴時間が長くなり、30分ほど入った方が気持ちよくなるという人もいます。

しかし、長く入っているからといって効果のあがるものではありません。
無意識のうちに脱水症状を起こしていることもありますから、まだ入れると思っても適宜出て休憩を取るようにしましょう。

次に、入浴中や休憩中に水分を取らない方がダイエット効果が高いと思われがちですがそのようなことはありません。
汗をかくと老廃物だけでなく体に必要なミネラルも排出されてしまいます。
そこで、こまめに水分補給をする方が良いですし、入浴前にしっかりと水分を摂取しておく方が汗も出やすく効果的です。

汗をかいたらしっかり体を洗わなければと思われがちですが、これも間違った知識です。
岩盤浴でかく汗は外でかくベタベタなものではなくサラサラとしており、これは体の表面の皮脂膜によって天然の化粧水ができているような状態になっています。
そのため、この汗は肌にとっても良いものなので必要以上に流すのではなく、最低限の汗を流す程度にしておいた方が望ましいです。
気になる人はシャワーで流しても良いですが、石鹸でゴシゴシとこするのは避けた方が良いです。

スーパーフードに興味津々

日々の生活に取り入れたいスーパーフード

その名前からも、確実に美容と健康に効果がありそうなスーパーフード。
しかし、体に良さそうということは知っていても、具体的に何に効果があるのかということを知らない人も少なくありません。

そこで、ここでは目的や期待できる効果によってオススメのスーパーフードを紹介していきます。
取り入れることで美容と健康に様々な効果がありますから、是非自分に必要と思われるものを取り入れてみましょう。

そもそもスーパーフードとは

最近では多くの芸能人やモデルが日々の生活にスーパーフードを取り入れています。
元々はハリウッドセレブが発端となり流行をしたのですが、スーパーフード自体は30年以上も前から存在していました。

美容と健康、ダイエットに良いものであり、なおかつ栄養価の豊富な食品というのがスーパーフードに対する認識ですが、実際にはこのように定義がされています。
スーパーフードとは、低カロリーであり、食品単体で12種類以上の有効栄養成分を含む食品であり、食品とメディカルハーブの両方の要素を持っていること、というのが現在の日本での定義です。

立ち位置としては食事とサプリメントの中心にあるもので、料理の食材としての利用と健康食品として口にする方法とがあります。
食品単体だけでも高い栄養価が得られるものであり、人工的に作られているサプリメントよりも体に優しいということでニーズが高まっているのです。

スーパーフードの選び方

スーパーフードが体に良いからといってなんでも食べて良いわけではありません。
それぞれの食品が持つ栄養素や美容、健康、ダイエット効果は違います。
そして、人によって体質もありますから、体の悩みや体質によって合うものを選ぶことが必要です。

例えばダイエットのためにスーパーフードを摂取したいと考えたら具体的に何が原因で肥満であるかを考える必要があります。
便秘がちで太りやすいという場合や、肌荒れをしているという場合にはユーグレナを摂取することがオススメです。
ユーグレナは便通に良いとされているパラミロン、ミネラル、アミノ酸が多く含まれているので摂取することで慢性的な便秘解消効果が得られます。

同じ肥満でも食べ過ぎが原因である場合には、食べる量を減らす効果があるスーパーフードを食べると効果的です。
チアシードやスピルリナは水分を含むと膨らむ性質があるので満腹効果が得られます。
これによって食べる量を減らすことができたり間食を防ぐことができたりするために痩せやすくなります。

糖質や脂肪の摂取が多い人はココナッツオイルがオススメです。
体重増加を防ぐだけでなく動脈硬化を防ぐ効果があるので、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも役立ちます。

ヨガを久しぶりに

柔軟性のある体になりたい

ジョギングし始めて体が大分動くようになってきたという時、友人に誘われてまたヨガに行き始めました。
といっても、大学でヨガのサークルがあって、そこに講師の先生が来てくれてみんなでヨガを楽しむというものなのでお金かかってません。
体の柔軟性がないと、女性らしい体つきにならないという事なので、ジョギングである程度の筋力をつけて、ヨガで柔軟性のある女性らしい体つきを目指そうかな?と思っています。

ヨガはゆっくりした動きなので私もできると、以前大学のこのヨガサークルによく顔を出していたのです。
最近アルバイトなど忙しく行けていなかったのですが、友人からジョギングでダイエットしているのなら、筋肉のほぐしにおいでよと誘われたのです。

太りにくい体質にしてくれるヨガ

ヨガの先生が、「ダイエットしているなら、ヨガは最適だよ」と声をかけてきてくれました。
ヨガの姿勢を維持しながら、呼吸法をしっかり行うと、新陳代謝が向上して、脂肪燃焼効果がアップするのだとか、これによって太りにくい体になるし、便秘とか、肌荒れなどにも効果があるのよって説明してくれました。

こういう説明をしてもらえると、目的意識をもってヨガも頑張ろうという気持ちになるし、ヨガの場合、場所を選ばないので、ジョギングの後にストレッチの意味を込めて行ったり、お風呂上りにちょっとヨガのポーズをとるなどしているうちに、だんだんとヨガポーズをとれるようになっていきました。

先生曰く、できないポーズはここまでならできるなっていう所で止めて無理なく行う方がいいといいます。
無理な姿勢で苦しいイメージがついてしまうと、継続できなくなってしまうのだそうです。
継続する方が絶対にいいので、無理せず、自分ができる範囲で行う事が大切といわれました。

ジョギングと同じ有酸素運動なのだという事

ジョギングは有酸素運動なので、新陳代謝が上がるという事は知っていました。
現に、あまり汗をかく方ではなかったのですが、ジョギングを始めるようになってから、ちょっと動くと汗をかけるようになったのです。

ヨガの先生が、ヨガも有酸素運動だから相乗効果もあったのかもね?といわれました。
ヨガは呼吸法が非常に大切で、呼吸をしながら筋肉を意識して、体を動かすという運動です。
脂肪燃焼のために血液内に酸素をたくさん送り込むことが必要ですが、ヨガもジョギングも同じように、たくさんの酸素を取り込みながら行う運動なので、血液の中に酸素が敷かk利含まれて、代謝が向上、だから痩せやすくなるのですって。

確かに……ジョギングとヨガをはじめたことで、体が軽くなったし、便秘もなくなった、それにヨガの効果は抜群で、ウエストがかなり絞れたのです。
これは彼に自慢しましたよ。